Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国で60代男「車に犬をつなぎ走行」…明白な動物虐待事件

 車の後ろに犬をつなぎ、引きずりながら運転をした容疑が持たれている男が警察に告発された。



慶尚北道尚州警察署は25日、動物保護団体「動物自由連帯」から尚州市内西面の道路で男が車の後方にひもで犬をつなぎ、走行するうちに犬が死んだとの告発があったことを発表した。


動物自由連帯は告発状で、「情報提供者は7日、車が犬の首にひもをつけて後ろにつないだまま時速60-80キロメートルで走行している様子を目撃し、その車の後を追った。虐待車が通り過ぎた道には血がたくさん付いているのを目撃した」としている。



そして、「車がしばらく停車した間に詳しく確認してみると、犬は4本の脚がすべてつぶれ、血まみれになっていた。車に引きずられた犬は既に死んでいるのか、微動だにしない凄惨(せいさん)な状態だった」と情報提供者の目撃談を伝えた。


動物自由連帯はまた、「情報提供者の車載カメラ映像の犬は胴体には特に外傷がなかったが、4本の脚は血だらけだった。これは、男が生きている犬を車につないで走り、首を縛られている犬は車のスピードに合わせて全力で走ったが、とうとう死んでしまったものと推測される」とも述べた。



動物自由連帯はこれに関連、「これは『路上で残忍な方法で動物を死に至らしめた明白な動物虐待事件』」「虐待事件の真実が明らかになる日まで捜査の進ちょく状況を引き続き見守っていく」と語った。


告発状を受理した尚州警察署は車のナンバーを追跡し、60代前半の男を容疑者として出頭させ、捜査を行っている。


警察は「この人物は容疑を否認している。関連証拠を追加で確保するなど、容疑立証に力を注ぐ」と明らかにした。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ