Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本、7回接種可能な特殊注射器の量産開始へ、政府が使用容認

 日本企業のテルモがファイザーワクチン7回接種用の特殊注射器を量産を開始すると発表した。2021年度中に年間2,000万本を生産できる見通しだという。日本国民全員分をカバーするには至らないものの、十分な水準の量と言えるだろう。これで韓国の6回用注射器は完全にオワコンとなった。



大手医療機器メーカーのテルモが、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを巡り、1瓶で7回接種できる特殊な注射器を開発し、近く生産を開始することが9日、分かった。厚生労働省が5日に製造・販売を承認し、同社の甲府工場(山梨県昭和町)で今月末にも量産体制が整う見通し。2021年度は年2千万本を生産する計画。


テルモが開発した特殊注射器は、新型インフルエンザが流行した09年、薬液を残さずに使えるよう開発した技術を応用した。またワクチンの効果を高めるため、針を3ミリ長くして筋肉に到達しやすい設計にした。



これと時を同じくして田村厚労相が7回用の特殊注射器でワクチン接種することを容認したそうだ。5回用の注射器を厚労省が押し付けるとの観測があったことから、早急に火消しを図った形となる。厚労省としてはいい判断と言える。河野ワクチン担当相も調達に前向きな姿勢を見せている。6回分で韓国から劣勢に追い込まれたかに見えたが、7回分でさらに追い越す形となる。日本の技術力の結晶が今輝き始めたと言える。


田村憲久厚生労働相は9日の記者会見で、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを巡り、1瓶当たり7回打てると京都府の病院が発表したインスリン用注射器で全国の医療機関がワクチンを接種することを容認する考えを表明した。政府が調達した5回接種用の注射器では先端部に液体が残る課題があり、無駄を減らす効果が期待できる。河野太郎行政改革担当相は、インスリン用注射器の調達を政府として検討する意向を示した。



河野氏は、インスリン用注射器の調達を含む今後の対応について田村氏と協議したと説明。「非常に良い例だ。余剰分があれば、調達も考え得る」と述べた。


ネットユーザーの反応としてはなぜ今まで気付かなかったのか、9回裏の逆手サヨナラホームランだというような興奮気味のコメントが多かった。テルモの長野工場ではすでに製造を開始する見込みで、早ければ4月の初めには供給できるとも書かれていた。事実ならばフルスピードの調達と言える。4月にはファイザーの第何弾かのワクチンも届き、いよいよ全国の一般高齢者への接種が始まることになる。すべてはタイムスケジュール通りだ。これが令和三年の日本である。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ