Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国「ロケット発射延期は日本のせい」···贅沢号発射8ヶ月延期

 韓国独自のロケットが何度も延期されているが、その原因はロッテ系列会社の不良部品にあると結論付けたようだ。要するに日本で稼ぐ親日企業ロッテが悪いと言いたいわけだ。つまり日本が悪い。



当初、先月の試験発射が予定された韓国型ロケット(贅沢号・KSLV- Ⅱ)の開発スケジュールが遅れた背景には、ロッテグループ系列会社が納品した不良部品が影響を及ぼしたことが確認された。韓国航空宇宙研究院(航宇研)は、部品を他の中堅企業に任せて不良率を改善した。


7日、科学技術情報通信部(科技部)によると、昨年9月に〜11月に享受号の打ち上げ計画の総合点検をした結果、部品の問題が明らかになり、国家宇宙委員会を開き、贅沢号の打ち上げ計画を延期した。



このとき、総合点検で問題となった部品は、大きく二つだ。ヌリ号最下段(1段ロケット)と2段目のロケットを接続する部品である前方胴体、ロケットのボディとエンジンを接続するための後方胴体であった。


前方胴体は薄くて軽い繊維複合材を活用して製作する。当初この部品は素材企業デッキ航空が製造した。デッキ航空はロッテケミカルが株式の100%を保有しているロッテグループ系列会社だ。



1段目のロケットの下部に付いた75t級エンジン4基を支持しながらロケットのボディとエンジンを接続するための後方胴体も問題だった。構造試験装置を使用して負荷テストをしたところ、この部品は、贅沢号飛行時にかかる荷重(300t)をやや上回る荷重がかかると微つぶれなどの破損の兆しがあった。


この作業は、エスエンケイ航空が引き受けたが、製造過程での問題はないのがわかった。航宇研は、部品の設計を補強した後、エスエンケイ航空に再製作を依頼した。


実際ロッテ以外の社名も出てきてるからね。エスエンケイ航空というのはどこの企業か分からなかったが、おそらく韓国だ。ロッテをスケープゴートにしてるだろ?



8カ月後も再延期か、ロシアから部品を調達するか。


どうせまた新たな欠陥が分かって延期になると思うよ。あるいはロシアの技術や部品をやむなく調達するか。韓国産ロケットと言いながら親日派の部品を仕込んで責任を押し付けるような国だからな韓国は。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ