Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本の半導体工場で火災…韓国人が大喜びbd

 日本のルネサス半導体工場が火災に見舞われたが、これを受けて韓国ネットユーザーが狂喜乱舞していることが分かった。半導体の在庫が不足し自動車メーカーに直撃弾、だがヒュンダイには影響が出ないから美味しいとして愛国心を発揮しているものと思われる。正真正銘の敵国民の行動だ。日本人よ、これが韓国の正体だ。



日本の半導体工場で火災が発生し、全世界の半導体不足現象がさらに深刻になる見通しだとブルームバーグ通信が20日(現地時間)報じた。


特に自動車用の半導体不足が深刻な中、世界最大の自動車チップメーカーの一つである日本のルネサス エレクトロニクスの工場のクリーンルームで19日に火災が発生した。


この火災を受けてルネサスは操業を中止し、ルネサスの主要顧客であるトヨタ自動車が直撃弾を受ける見通しだ。すでにトヨタは寒さと半導体不足でチェコ工場の操業を2週間中断すると発表していた。



世界の自動車業界は、北米地域の寒さなどで車両向け半導体不足に悩まされている。特に、新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)のパンデミック(大流行)で室内に留まる時間が長くなるにつれ、ノート型パソコン、タブレットおよび家電製品に対する需要が急増し、グローバルチップメーカーが車両用半導体チップの代わりに家電用半導体チップの生産を増やし、車両用半導体の不足現象が深刻な状況だ。


このような状況で、世界第3位の車両向け半導体メーカーが操業を中止したことで、車両向け半導体の需給はさらに厳しくなる見通しだ。


すでに世界的な自動車メーカーは半導体不足で操業を次々と中断している。トヨタはチェコ工場の操業を2週間中断すると発表した。米・フォード自動車も今年2月、米国を襲った寒波で一部生産ラインの稼動を中断している。



日産自動車も米・テネシー州とミシシッピ州にある生産ラインの一部を中断し、メキシコにある工場は操業を中断した。ホンダ自動車も米国とカナダの一部工場が来週稼動中断になる可能性があると警告した。ドイツのフォルクスワーゲンも3月22日から28日まで、ポルトガルにある工場の稼動を中断する予定だと明らかにした。


このように世界的な自動車メーカーの操業中断が続出する中、主要車両向け半導体メーカーが火災で操業を中断し、半導体不足現象がさらに深刻化するしかないと、ブルームバーグは懸念を示した。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ