Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

菅首相初の対面首脳会談、米政府は韓国は無視byden

 バイデンと初めて顔を合わせて会談を実施するのは菅首相になりそうだ。4月にも訪米する方向で調整が進んでいるという。実現すれば世界初の対面首脳会談を実現させることになり、尖閣やインド太平洋構想などで中国へ大きなプレッシャーを与えることに成功する。韓国も気にならないほど存在感が小さくなるだろう。



米メディア「アクシオス」は7日、バイデン大統領が4月中にも菅義偉首相をホワイトハウスに招待し、首脳会談する方向で調整していると報じた。


実現すればバイデン氏が就任後に直接会談する初めての外国首脳となる。


ホワイトハウスは取材に対し、報道内容について「何も発表することはない」と述べた。報道によると、新型コロナウイルスの感染状況によっては、首相訪米は今春後半にずれ込む場合もある。



コロナ収束を最優先とするバイデン氏は、外遊や外国首脳の招待に慎重な姿勢を取っている。カナダのトルドー首相とは2月に初の「首脳会談」を行ったが、オンライン形式だった。


バイデン政権が菅首相との対面会談を模索する背景には、経済、軍事両面でインド太平洋地域への影響力を増す中国の脅威に対抗する上で、日米同盟の重要性を内外に示す狙いがあるとみられる。



今のところ対面の会談を実施できている国は皆無だが、その中で日本が最初に招待されることになりそうだ。


明らかに尖閣と南シナ海、インド太平洋において日本を中心とした安全保障の枠組みを構築していく意思表示と取れるね。中国はこれで手も足も出なくなるだろう。当然韓国も蚊帳の外だ。



米韓関係は今のような温度間でちょうどいいかもな。お互い疎遠になりつつある。インド太平洋構想にも参加したがらないようだし理想の関係だろう。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ