Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国、株価下落で情報統制か…嘘をつくのは良くないcp

 ブルームバーグによると、中国版ツイッターの微博で「株式市場」関連の検索が禁止されたようだという。



3月10日に微博のウェブ版で「株式市場」に相当する中国語を検索しても結果が得られなかった。


中国株は3カ月ぶりに4日連続で下落した。


中国の株式市場は、アメリカ国債の利回り上昇の影響と株式が過大評価されているとの懸念から、過去最高値から一転して急落している。



しかし、中国当局は何が起こっているのかを知ることを難しくしようとしているようだ。ブルームバーグによると、中国版のツイッターである微博(Weibo)で、中国語で「株式市場」に相当する言葉を検索しても、ウェブ版では結果が出ず、まるで検閲されているかのようだったという。


上海と深センの両取引所の上位300銘柄に連動するCSI300指数は、2021年3月9日に2020年12月22日以来の低水準に落ち込んだ。


ブルームバーグによると、微博のユーザーは「株式市場」という言葉を使って投稿することができ、アプリのモバイル版では、ハッシュタグが含まれていなければ表示されていたという。「急落」、「A株」、「株式」を意味する語句の検索は、その日の早い段階では機能していた。



この検索ワードに対する規制は、最も重要なイベントである全国人民代表大会(全人代)の期間中に行われた。中国の株価は、「ナショナルチーム」と呼ばれる国家支援ファンドが介入したにもかかわらず、さらに大きくに落ち込んだ。


中国の主要経済紙では、株式市場の下落はほとんど報道されておらず、習近平国家主席の軍事・国防に関する発言に焦点が当てられていた。


中国の微博が投稿を規制したのは、ドナルド・トランプ前大統領が2019年に、中国製品にさらなる関税を課すと警告し、株価を下落させたとき以来だ。トランプの発言に関する投稿はプラットフォームから削除された。



微博にコメントを求めたが、まだ回答は得られていない。


一方、中国の「国家隊」が本土株買い、相場安定図る-関係者。


中国政府が支援する複数のファンドが、本土株の下落を抑えようと市場で株式を買い入れた。事情に詳しい関係者が明らかにした。


関係者によれば、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の期間中、株式相場の安定を図るため「国家隊」と呼ばれるこうしたファンドが市場に入っている。香港のトレーダーは、本土のファンドとつながりのある複数の組織が積極的に株式を購入していると話した。顧客ビジネスだとして匿名を条件に語った。



中国株が下落、CSI300指数は調整局面入り-バリュエーション懸念


中国当局はこれまでも重要イベントなどの前後で、必要に応じ市場に介入し相場を支えてきた。全人代開幕日の5日、CSI300指数は一時2%まで下げたが、0.3%安で引けた。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ