Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国最大のEVカーシェアリング企業が壮絶すぎる大爆死を遂

 ビジネスの衰退、変革の失敗、給料を下げるレイオフなど、GoFunの足を引っ張るものは何か?



“乗れる車を探すのは大変だ”


孫飛は、GoFun Travel Appを残念そうに見た後、記者に語った。 孫飛さんによると、2018年からGoFunのシェアカーを使い始め、週末の短時間の小旅行や、平日に用事で出かける際に、遠すぎない範囲で利用していたという。


「当時、杭州では基本的にビジネス街の近くにGoFunのシェアカーレンタルポイントがあり、便利に利用できていましたが、2019年の初め頃から、電気が足りないと催促されたり、車の傷みがひどくて全く運転できなかったりと、運転できる車の数が徐々に少なくなっていきました。」



孫飛はこのことを「Connected Travel」に思い出した。


GoFunの現在の状況は?


「解雇の通知を受けたときは、ある意味予想通りでした。」


今年の初め、離職を控えていた劉輝は上司から通知を受け、自分が解雇リストに載っていること、次の仕事は引き継ぎをしっかりすることだと言われた。



「今回の解雇通知のために、心の準備をしてきました。結局、2019年後半からの解雇は、今年の初めにいくつかの会議に加えて、会社は解雇アクションの後に言及してきましたが、その時は誰が辞めるのか分かりませんでした。」 彼女はこう振り返った。


そのわずか1週間後、劉輝はGoFun社の従業員を大量に解雇する一員となった。劉輝によると、多くの部門長が部門会議で「解雇がある」「比率は50%に達する」と発表し、全国のGoFun社員約1,200人に対し、全国で400人しか残らないと言われたという。


昨年10月、GoFunは数億ドルの資金調達を完了したと発表しましたが、推測によると現在のところ資金調達はまだ到着しておらず、おそらく中止されたと理解しています。 その理由は多岐にわたります。



最初に現れたのは、給与の遅配です。 昨年12月以降、毎月の給与支払いが遅れており、基本的に1~2週間は引きずっている。多くの社員が、すでに会社の資本連鎖に問題があるはずだと感じていた。 劉輝はこう言った。


劉輝が会社の人事部と話をして初めて、会社のキャピタルチェーンがトラブルに見舞われているという正確なニュースを知ったのだ。彼女の話によると、当時の人事部は彼女に「会社にはもうお金がないから、報酬の代わりになるものを与えてはいけない」と率直に言ったという。


Firstrade紙によると、GoFunの主な業務は2019年に入ってから全国の多くの都市から撤退し始め、そのような縮小は今年に入っても続いている。 アウトレットで話を聞いた知識豊富な関係者によると、現在稼働している都市は30~40市しかないはずで、正常に稼働しているのは十数市だという。


かつては紅一点だった「GoFun」が今、苦境に立たされている。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ