Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国大使が逆に日本側を責め立てて誤解を修正するように要求中…日本に激怒した韓国世論ka

 駐日韓国大使の姜昌一(カン・チャンイル)氏が10日、「日本に来てみたところ、考えていたよりも雰囲気が冷たい」と明らかにした。姜氏はこの日、初めての特派員懇談会で「(両国関係が)最悪の状態だというのを肌で感じることができた」と話した。



韓国の姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使は10日、在日韓国大使館で開いた記者懇談会で、東日本大震災から11日で10年を迎えることについて、「犠牲になった方々と遺族に哀悼と慰労の意を表す」と述べた。


姜氏は「10年前の東日本大震災発生後、わが政府は迅速対応チームを派遣し、国民は自発的に募金を集めるなど、心を込めて支援した」として、「両国は依然として近くて大切な隣人であり、隣人の痛みはわれわれの痛み」と強調。「近いうちに大使館の職員と現地を訪れる。きょう訪問する予定だったが、緊急事態宣言延長のため、延期した」と明らかにした。



はい、姜昌一駐日大使が厚顔無恥な自画自賛で日本側に感謝を要求。


募金は「竹島防衛費」に流用。


レスキュー部隊は着くなり「犬が逃げ出した」と行方不明。1週間後、新潟の温泉地で逗留していたの何故ですか?


被災者が寒波の中で凍えていたのに、韓国レスキュー隊は温泉地で湯治ですか?



発見された途端に韓国に帰国。救助活動はせずに逃げ帰った。


これに関連し、在日韓国大使館の高位関係者は「代案を持ってきてこそ会うという日本の態度は対話を拒否しているようだ。向かい合って座ってこそ代案が出るのではないか」と話した。この関係者は「韓国メディアから問題解決のためのさまざまなアイデアを提起した」とし「政府が代位弁済(強制徴用被害者に賠償金を先に支給して日本企業に今後求償権を請求)を含めてさまざまな方案について議論しているだろう」と紹介した。


この関係者はまた「文在寅大統領は反日主義者ではないが、日本では反日主義者だと誤解している」と話した。


これを受け、韓国のネット上では、「やはり日本が変わることはない」、「いろいろやらかしてくれるね」、「礼儀なさすぎ」、「国交断絶を検討したら?」



など憤慨するユーザーが続出、中には「無理に日本と意思疎通を図る必要はない。日本がいなくても韓国は問題ない」、「もうどうでもいい」、と諦めに近い声も上がっている。


一方で、「これは外交惨事」、「それだけ文政権を軽く見ているということだろう」、「大統領のせいで国民が不幸になる」と懸念を示す声も上がっている。


Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ