Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国のおもちゃセット「独立軍ハルビン義挙」…日本列島「激怒」ox

 日本で「ロッテ不買」を求める声が出ている。ロッテのオンラインショッピングモールである“ロッテオン”で「伊藤博文暗殺劇セット」が販売されているという内容が、日本のツイッターにあがったからである。このブロックのおもちゃは、ロシア兵たちと「ひろぶみ」という名の洋装の男性、そして独立運動家アン・ジュングン(安重根)を連想させる“独立闘士”のブロックで構成されている。



このことに対して日本のツイッターユーザーたちは「早期反日教育か」、「外交問題であり、国際問題だ。外務省はきちんと対応するべきだ」などの鋭い反応をみせた。ロッテにも火の粉が飛んだ。怒った日本のユーザーたちは「もうガムは要らない。さよならロッテ」、「ロッテに抗議するために(ライバル企業である)明治製菓の商品を買おう」と熱を上げている。


問題となった このおもちゃ、正確には韓国のおもちゃメーカーである“オックスフォード”が昨年、“安重根義士 逝去110周年”を称えるために販売した「独立軍ハルビン義挙」というブロックである。当時 この会社は「おもちゃを通じて歴史を学べるようにしたかった」として、製造の理由を説明している。



OXFORD社は世界的に有名なブロック玩具と同じ規格のものを販売している会社の一つで、オークションなどで日本でも購入することが可能です。現代の軍事ものは作らないとの縛りもないため、軍事ものを積極的に作る事でも知られています。例えば「板門店(BM35222)」などが好例です。記念セットでは他に日本の騎馬隊を襲撃する韓国兵の活躍を描いた「英雄金佐鎮将軍の青山里での戦闘(JK34627)」(21500ウォン)なども確認できます。


元ツイートなどを確認する限り、一部の煽り系アカウントが「悲報」などの煽り文句とともにネタを抽出し、さらにまとめサイトが煽って話が広まる図式ですが、発売そのものが昨年でもあり、特に騒ぐまでのものでもありません。記事に上がっている商品も商品名は「英雄独立軍ハルビン義挙」(49800ウォン)であり、火種として挙がった過激な表現ではありません。



SNSでは、『伊藤博文暗殺劇セット』の他に、『日本兵降伏死闘劇セット』もあった。


親日破墓法と同じで、頭がおかしいとしか思えない。反日教育が無くなるまで、日韓関係の正常化は難しいだろう。


やはり国交断絶をしてしばらくの間、距離を置いた方がお互いの為になると思う。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ