Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本政府は、日本人への肛門によるPCR検査やめるよう中国に要請

 日本政府は1日、中国に入国する際の肛門による新型コロナウイルス検査を日本人に行わないよう中国政府に要請したことを明らかにした。この検査による「心理的な苦痛」を訴える意見が寄せられたため。



新型ウイルスによる感染症が抑制されている中国では、今年1月に肛門によるPCR検査を開始した。


この検査をめぐっては、アメリカの外交官が抗議したと同国メディアが報じたものの、中国政府はこれを否定していた。


加藤勝信官房長官はこの日の記者会見で、「在中国日本大使館に一部の日本人から、中国渡航後の検査で肛門によるPCR検査を受けたとの情報とともに、心理的苦痛が大きいなどの意見が寄せられている」と説明した。



一方で、この検査を受けた日本人の人数は分かっていないと述べた。


■肛門による検査で「追跡率上昇」


加藤官房長官によると、中国では隔離の対象者や入国者に対しこの検査が実施されているものの、「中国以外の国でこうした検査が実施されているかは確認されていない」という。


日本政府は大使館を通して中国に申し入れたが、中国側からの返答はまだない。



中国ではいくつかの都市で肛門による新型ウイルス検査が実施されており、同国の専門家は「感染者の追跡率が上がる」と述べている。


一方で、検査開始時には国営メディアが「専門家の間でも賛否が分かれ」ており、呼吸器からの検査よりも圧倒的に効率が悪いと報じた。


感染者の大半は経口でウイルスと接触しているため、既存の検査の方が好まれている。



肛門による検査は、3~5センチの綿棒を肛門に挿入し、回転させて検体を採取する。


一方、ロシア人の3分の2、「新型コロナは生物兵器」 世論調査。


新型コロナウイルスは人工の生物兵器だと、ロシア人の3分の2近くが考えていることが、同国独立系調査機関レバダ・センター(Levada Centre)が1日に発表した調査結果で明らかになった。


観測筋は調査結果について、新型ウイルスによる死者数の過少報告などで増大した当局への不信感と、欧米諸国との関係悪化を反映していると指摘。


2月下旬に1600人を対象に行われた同調査で、回答者の64%は新型ウイルスが人工の「新型生物兵器」だと信じていた。一方、「人間の介入なしに」出現したと回答したのは23%にとどまった。


また、新型ウイルスワクチンの接種を希望する人は、昨年12月の調査の38%から、30%に減少した。



ワクチン接種を希望しない人に理由を尋ねたところ、37%は副反応が怖い、23%が臨床試験の結果待ち、16%がワクチン接種は「意味がない」と回答した。


レバダ・センターの社会学者アレクセイ・レビンソン(Alexei Levinson)氏は、ロシア政府が臨床試験の完了を待たずに同国製ワクチン「スプートニクV(Sputnik V)」を承認したことで、もともと自国の製薬業界に懐疑的だったロシア人に大きな警戒心を呼び起こしたと指摘した。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ