Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

サムスンが巨額の損失計上…米アップル「韓国サムスンを潰す」sa

 テキサス大寒波で韓国サムスンの半導体工場が停まった。1週間で電力は回復したものの、まだ完全な状態とは程遠いという。これにより300億円超の損失が出たそうだ。この間に競合のTSMCは2月の売上高を前年同月比で14%増やしサムスンを突き放すことになった。サムスンが完全に敗北した瞬間と言える。



グローバルファウンドリー1位の台湾のTSMCの今年2月の売上高が前年比14%増加した。サムスン電子のオースティン鋳造工場が米国寒波で止まっうちライバルであるTSMCは稼働率を高めながら、半導体業況改善の恩恵をそのまま享受している。


13日、業界によると、TSMCの今年の2月の売上高は、前年同期比14.1%増の37億6000万ドル(台湾ドル基準1065億3000万ドル)だった。前月比では春節連休のため、営業ができ減り、16%ほど減少したが、昨年2月と比較すると明らかなゲソンセが確認された。



業界では、2月の売上高が前年比増の理由を14nm以下の先端「先端プロセス」の売上高が堅調に維持されたためだと解釈する。先にTSMCは今年施設投資計画を250億〜280億ドルで発表し、二重80%以上を高度なプロセスに集中するという計画を発表した。


また、サムスン電子、NXP、インフィニオンなど、米国南部に位置し、工場のシャットダウンが続き、全世界の半導体市場のTSMCへの依存度が高くなったことも売上高の増加に肯定的に作用した。日本では、地震でルネサス工場が佇む祈りするなど、グローバルファウンドリー業界でTSMCの影響力は徐々に拡大されている傾向にある。半導体の供給が、ただでさえ不足している状況では、このような短期的なシャットダウンも市場に大きな衝撃につながることができる。



ファウンドリ供給不足で、半導体の価格が上昇するとの見方も続々と提起される。引き続き稼働率を高めていくTSMCのような企業には有利向上の機会になることがあります。キム・ギョンミンハナ金融投資研究員は「ファウンドリ供給不足にASP(平均販売価格)の上昇が期待されてTSMCの毎月の売上高の目の高さは1200億台湾ドル水準を上回ると予想される」と分析した。


一方、ライバルであるサムスン電子は米国オースティン工場の影響で、短期間の損失が避けられない状況である。テキサス州の停電で先月16日から停止に突入したオースティン工場は約1週間での電力は回復したが、まだ完全な操作が不可能な状況である。シャットダウン期間が一ヶ月ほど続いて業界では3000億〜4000億ウォン水準の売上損失を推定している。



皇民性三星証券研究員は「サムスン電子オースティン工場が2月中に部分再稼働を開始したが、完全に回復は5月にならなければならすると判断される」とし「今回の停電で10万枚規模のウェーハの生産が減少したと推定される”と述べた。


米アップル「韓国サムスンを潰す。ドイツで半導体開発」。


米アップルがドイツに半導体独自開発の拠点を設けることにしたが、韓国はこの動きをサムスン潰しだと見て震えているようだ。独自の半導体開発を行ない製造はTSMCに投げれば完全なる韓国排除を実現できることになる。サムスンはTSMCに負けた敗者として今後も落ちぶれる一方だろう。



パーソナルコンピュータ(PC)とラップトップ、タブレットPC、スマートフォンなどに入る半導体チップをアウトソーシングで直接設計に移行しているアップルがドイツに、今後3年間で約1兆3500億ウォン(10億ユーロ)を投資して、半導体の設計・開発を引き受けする半導体拠点に育てる。


アップルは10日(現地時間)、報道資料を通じてヨーロッパ内最大規模のミュンヘン研究・開発センターへの投資を拡大して2022年には3万㎡規模の入り込み、数百人を追加で採用するなど、ミュンヘンを欧州私半導体設計の求心点としている計画を明らかにした。


アップルはすでにミュンヘンの欧州内の最大の研究・開発(R&D)センターを運営中なのに、新たに完成されている巣で欧州内の最大のモバイル無線通信、半導体とソフトウェアの研究・開発の中心となる見通しだ。比重が大きくなっている携帯電話のチームも入居する。



これら5世代通信(5G)と次世代技術の開発、ハードウェア、ソフトウェア技術の統合を通じたモバイル革新、アップル製品のためのモデムの開発と統合、最適化など出ることになる。現在ミュンヘンのR&Dセンターでは、40カ国以上で合流した1500人の技術者が電力管理システムの設計と活用コース、無線通信技術の分野で働いている。


ティム・クックアップル最高経営責任者(CEO)は、「私はミュンヘンの私たちの技術者が5G技術の新たな適用可能性を含めて、より高い性能と速度、接続を可能にする次世代技術まで、またどのようなことを発掘するか、もはや興味があることができない状況」と述べた。


今回のミュンヘン投資と関連して、ドイツのフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)は「アップルは、自社製品の性能を高め、製品別に適用するため、独自開発した半導体活用を増やすという戦略という点で意味がある」とと述べた。



アップルは、自社の情報技術(IT)機器に入る半導体を既存の外部調達から直接設計に移行する作業を進めている。先にアップルは、2015年バイエルン州に設計センターを開いて、iPhoneとiPadのアップルウォッチは、Macの機能強化と効用を改善するための特別な製作半導体を開発してきた。


アップルは昨年15年以上続けてきインテルとの協力を清算して、独自の設計した半導体チップであるM1を搭載したPCを最初発売した。アップルは今後の機種に入る半導体を米国インテル製品では、その設計の製品を転換する計画である。iPhoneの搭載している携帯電話のモデムチップも従来クアルコムが独自に設計したモデムに交換するとみられる。


Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ