Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

スエズ運河での座礁で注目の今治…スエズ運河庁、日本の船主に賠償請求もsu

 エジプト東部のスエズ運河で座礁していた大型コンテナ船が29日、離礁に成功した。この事故で世界から注目を集めたのが、コンテナ船を所有する企業がある愛媛県今治市。造船や海運関連の企業が500社以上集まる世界有数の海事都市だ。船を貸し出す「船主」も多く集まり、ギリシャや香港、北欧と並んで世界四大船主とも称される。



今治市内には造船会社が14社あり、生産する船の数は日本全体の約2割を占める。船用機器メーカーも約160社あるほか、日本と海外を結ぶ外航船を持つ会社が約70社あり、所有する外航船の数は日本全体の約4割を占めるとされる。海事関連の従業員は1万人を超すといい、地域経済の柱だ。江戸時代に瀬戸内海でつくられた塩を各地に運ぶために船が集まるようになり、修理業などが盛んになったのが起源とされる。


その今治の海事産業の中心にいるのが、国内造船最大手の今治造船だ。経営難に陥った同業他社の買収を1970年代から進めて規模を拡大。建造量で上位を独占していた重工系が事業を縮小する一方で、存在感を増した「専業メーカー」の筆頭だ。近年は中国や韓国に押されて国内造船業の厳しさが増すなか、2019年に国内2位のジャパンマリンユナイテッド(横浜市)と資本業務提携を発表するなど、業界再編の中心にもなっている。



事故を起こした船を所有する正栄汽船は、今治造船のグループ企業。社長は今治造船の檜垣幸人社長が兼務する。社員数は29人。大型コンテナ船のほか自動車専用船や原油を運ぶタンカーなど、今治造船がつくった船を海運会社に貸し出す同社の船主部門といえる企業だ。所有する船舶は100隻以上だという。


船を貸し出す際の契約には、船だけを貸す場合と、乗員も含めて貸す場合がある。今回は乗員も正栄汽船が手配していたという。事故で通行待ちを余儀なくされた他の船の荷主らへの賠償責任を正栄汽船がどの程度負うかは、船を借りて運航していた台湾の長栄海運との契約内容や、事故原因などによって判断されるとみられる。



スエズ運河庁、日本の船主に賠償請求も。


エジプトのスエズ運河で座礁したコンテナ船「エバーギブン」は、世界の海上輸送物資の1割超が通過する大動脈を遮断した。運河を所有・管理するスエズ運河庁は、徴収できなくなった船舶の通航料に加え、運河修繕の費用などについて、同船を所有する今治造船のグループ企業の正栄汽船(愛媛県今治市)を相手取って賠償を求め、エジプトなど現地の裁判所に訴訟を起こす公算が大きい。


海運関係者によると、スエズ運河の通航料は1回当たり約3000万~5000万円程度とみられ、通航船舶は1日当たり約50隻に上る。1日遮断すると20億円前後の損失が生じる計算だ。事故の影響で420隻以上が足止めされ、アフリカ大陸南端の喜望峰を経由する代替ルートに切り替える船舶も出始めているという。



コンテナ船が接触して岸の一部が崩落し、離礁作業の完了後も復旧作業が続く可能性が高く、賠償額は増えそうだ。海運に詳しい保険業者は、スエズ運河庁が、正栄汽船と同社が加入する保険会社に、示談交渉を持ちかける可能性もあると指摘する。


座礁した船は、台湾の海運会社、エバーグリーン・マリンが運航し、ドイツ系の船舶管理会社、ベルンハルト・シュルテ・シップマネージメントが乗組員らを手配していた。海運会社は巨額投資が必要になる造船を行わずに運航用船舶を調達し、船主は船舶管理を別会社に委託し海運会社からリース料を受け取る。「用船契約」と呼ばれる、世界の海運業界では一般的で日本では明治時代から採用されている、リスク分散の仕組みだ。



船主は船体の損傷や事故などで生じた損害に責任を持つため保険に加入することとなる。保険には、船体にかけるものと、荷物や油の流出事故などに備える2種類ある。コンテナ船は船底が損傷した可能性があり、正栄汽船の担当者は、修理費用は「間違いなく保険適用になる」と話す。一方、ある関係者は、「運河に与えた損害補償は、正栄汽船が保険を使うなどして対応する可能性が高い」という。


英海運専門紙は、運河が遮断され多くの船が足止めされたことで、遅延などに伴う損害額は1日当たり96億ドル(約1兆500億円)と推計した。ただ、この損害に対する補償は、各船舶を保有する会社が加入している保険で対応するようだ。船舶が代替ルートを使う場合は追加費用が発生するが、過去に起きた同様の賠償金請求訴訟の例をみると事故を起こした船への請求が認められたケースは少なく、費用や時間などを考慮して提訴する会社は少ないとみられている。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ