Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

在日米軍基地への先制攻撃を中国が仄め…中国人は寝言が大好きだなtq

 中国の台湾侵攻時、米国が防御に出れば中国軍が日本にある米軍の空軍基地を攻撃できると香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)が専門家を引用して28日報道した。



台湾をめぐる米中紛争に日本が直ちにまきこまれる可能性があるという推測だ。


SCMPは米国は中国が台湾を攻撃する場合、軍事介入の有無について立場を明らかにしていないが、去る16日、米日国防長官会談の際、米国と日本は台湾海峡有事の際、緊密に協力することにしたと明らかにした。


また、ジョン・アキリーノ米国インド太平洋司令官指名者は23日(現地時間)、米国上院軍事委に提出した聴聞会書面への回答で「中国が予想よりはやく台湾を侵攻する能力を備える可能性がある」と話したと伝えた。



米国シンクタンク、ランド(RAND)のティモシー・ヒース選任研究員はSCMPに「中国が台湾を攻撃することを決心すれば人民解放軍将軍は沖縄と日本にある米軍基地をミサイル攻撃しようとする強い刺激を受ける。人民解放軍に莫大な損失を与える最強の兵力だからだ」と説明した。


SCMPは米軍が沖縄嘉手納空軍基地など日本に23の軍事基地を置いていると明らかにした。引き続き監視・偵察飛行を遂行する多くの米軍軍用機は嘉手納基地から離陸すると付け加えた。


オーストラリアのシンクタンクである戦略政策研究所のマルコム・デービス専任研究員は「たとえ米軍は日本に配置されていないと言っても日本の介入を効果的に遮断するために中国が(台湾を攻撃する場合)最初に日本基地を攻撃する可能性が非常に高い」と展望した。



それと共に日本が中国-台湾戦争に引きこまれたらオーストラリアのような他国の参戦も誘導され、あっという間に戦争が拡大するかもしれない、と警告した。


彼は「米国、日本、オーストラリアなどすべての当事者が台湾支援に出ない選択肢も明確にある。しかし、そのような場合、米国が主導するアジア安保秩序が崩壊し、中国がいちはやくその力の空白を満たすだろう」と説明した。


軍事評論家宋忠平は台湾をめぐる緊張増大の主要因は中国でなく米国だと指摘した。彼は「中国は軍事的手段を動員すべき場合、被害を最小化しようと考える。しかし、米国が中国の台湾との再統一努力に干渉すれば状況はすみやかに悪化し、多くの国が関与する最悪のシナリオにつながることになる」と話した。



なんで韓国の米軍基地じゃないねん


共産党が台湾侵略をする時は、沖縄や尖閣も同時に侵略するんだから、日本本土への攻撃はあるに決まってんだろ。


パヨクや中国人は寝言が大好きだな。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ