Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国大使投宿のホテルで爆発…中国の一帯一路にも反対している11

 パキスタン南西部バルチスタン州・クエッタの高級ホテルで21日、爆発が起き、少なくとも4人が死亡、11人が負傷した。駐パキスタン中国大使が標的だったとの情報がある。



爆発が起きたのは、アフガニスタン国境に近いバルチスタン州の州都クエッタにある高級ホテル「セレナホテル」の駐車場。特派員によると、中国の農融駐パキスタン大使が標的だった可能性があるという。


農大使はクエッタに滞在しているとみられるが、当時は爆発現場にはいなかった。


反政府勢力「パキスタンのタリバン運動」(TTP)が事件への関与を主張しているが、詳細は明らかにしていない。



ここ数カ月、TTPや他の過激派組織はアフガニスタン国境付近の部族地域での攻撃を激化させている。


事件後には、ホテルの駐車場で火災が起きている様子を捉えた動画がソーシャルメディアで共有された。


セレナホテルはクエッタで最も有名なホテルで、政府関係者やパキスタンを訪問した要人らが宿泊する場所だ。



パキスタンのシーク・ラシード・アフマド内相は同国の放送局ARYニュース・テレビに対し、「爆発物をたくさん積んだ車両がホテルで爆発した」と述べた。


また、中国の農大使については、事件発生時は行事に出席しており、ホテルにはいなかったと付け加えた。


バルチスタン州のツィアラ・ランゴ内相は記者団に対し、農大使は「非常に元気」で、クエッタ訪問は22日で終了するだろうとした。



バルチスタン州では長年にわたり、分離独立派の反乱が続いている。


過激派はパキスタンからの独立を求めており、中国による主要インフラ計画にも反対している。


同州には中国の巨大経済圏構想「一帯一路(Belt and Road)」の重要インフラ整備事業「中国パキスタン経済回廊(CPEC)」を通じて数十億ドル(数千億円)規模の中国マネーが流れ込んでいる。しかし地元住民らは、新たな仕事を得るのは外から来た人ばかりで、地元住民に利益はほとんどないと反発している。



ウィグルの問題を含め中国とイスラムも親和性はあまりよくない。中国がこれから軍事・経済大国、覇権国家として世界に乗り出すのなら、アメリカがかってそうであったように、テロ標的のリスクが高まる。国民の代表によらない国家が、どう過激主義と対峙できるのか、興味深い。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ