Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

トラック運転手逮捕 、保釈金190万円をサクッと支払…この運転手の背後関係と保釈金190万円の出所

 台湾当局に逮捕されたトラックの運転手が涙の謝罪をしていることが分かった。起訴後に保釈金を190万円をいち早く払って自宅に戻ったという。このことが一部台湾メディアにより“逃走”と解釈された可能性がある。この運転手の背後関係を徹底的に洗い出すべきだろう。保釈金190万円の出所も含めてだ。



台湾東部で特急列車がトラックに衝突し脱線した事故で、トラックを直前まで運転していた作業員は4日、涙ながらに謝罪を表明した。捜査当局は、列車の運転手は衝突に対応する時間がほぼなかったとみている。


作業員(49)は4日、報道陣を前に謝罪の声明を読み上げた。声を震わせながら「深く後悔しており、心からおわび申し上げたい」と述べ、「私が取るべき責任を取るため、警察や検察の捜査に協力する」と表明した。作業員は地滑りなどの危険について台湾東部の山岳地帯の鉄道路線を定期的に点検するチームの一人だった。



台湾の国家運輸安全調査委員会(TTSB)主任委員の楊宏智(Hong Young)氏はAFPに対し、乗客の中には列車の警笛を聞いた人もいることから、列車の運転手は線路上の障害物を認識していたとみられると明らかにした。ただ、列車の運転手は衝突を回避することはできず、事故の犠牲となった。楊氏は「列車の運転手は反応するまでにせいぜい10秒しかなかった可能性があり、非常ブレーキをかけられるだけの距離がなかったとみられる」と指摘した。


話が前後しているらしく、運転手は3日には逮捕されていたようだ。ところが朝日によると保釈金190万円をサクッと支払いその日には自宅に戻っていたという。


3日、建設作業員が過失致死罪などで起訴、台湾メディアの取材に、「停車時にサイドブレーキをかけた」と話した。



当局の事故対策本部はサイドブレーキが緩かった疑いを指摘している。かけ方が十分でなかったか故障していた可能性がある。


台湾メディアによると、作業員は起訴後に保釈金50万台湾ドル(約190万円)を納付して保釈されたが、検察側の準抗告が認められ4日に再び勾留された。台湾の刑法で過失致死罪は5年以下の懲役などが科される。


対策本部によると、線路脇に止められたトラックが無人のまま未舗装の下り坂を約20メートル走行し、道路と線路の間の斜面から線路内に落ちて列車と衝突した。当局が転落の原因や時間を調べている。


明らかに同情を買おうとしてるよな。最初は保釈金をサクッと払って警察から保釈された。その時は自分は何も悪くない、まだ逃げられると思ってたはずだ。でなければ保釈金なんて払わないよな?普通。



まさにそこ。トラック運転手にとって190万円は大金だ。それを即日で用意できるということは、何らかの裏勢力が支援している可能性もある。トラック運転手を徹底的に調べよ。真相究明なしに犠牲者が報われることはないだろう。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ