Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

縁で止まったボール…韓国選手が1打罰!米ファンはルールに不満

 米男子ゴルフのRBCヘリテージは17日(日本時間18日)、3日目が行われた。珍事に見舞われたのはキム・シウ(韓国)。グリーンの外からパターで狙ったが、ボールがカップの縁ぎりぎりで停止。選手が見つめる中で約1分後にカップインした。本人は歓喜しギャラリーからも喝采が起きたが、“10秒ルール”によって1打罰となった。実際の映像をPGAツアーが公開。米ファンからはルールに対する不満の声が上がっている。



ルールとはいえ悲運だ。3番ホール。カップまでの距離は約10メートル。グリーンの外から、キムはパターで狙った。上って下る難しいラインだったが、絶妙なタッチでカップへ向かった。わずかに届かない。カップの縁ギリギリでボールが止まった。


ここからだ。ボールはカップに落ちそうで落ちない。ほんのわずかだが、動いているように見える。当事者のキムはしゃがみこみ、同伴競技者のマット・クーチャー(米国)も近付いてきてボールを凝視している。そして55秒後だ。ボールがカップに落ちた。その瞬間、みるみる笑顔になるキム。そしてギャラリーからは大歓声が沸き起こっていた。



見事なバーディーかと思われたが、ボールが入ったかどうかを確認できるのは「10秒まで」と定められた“10秒ルール”を大きく超えていたため1ペナルティとなった。競技委員からルールを説明されると、キムは一転、表情を曇らせていた。


米ファンはルールに不満「酷い」「冗談だろ?」


実際の一部始終をPGAツアーの公式インスタグラムが動画付きで公開。「パーまで長く待った」と添えた投稿には、米ファンからルールへの異論が上がっている。



「馬鹿馬鹿しいルールだ」

「10秒ルールが適用されたのか?」

「冗談だろ?」

「酷いルール」

「だからゴルフは難しいんだ」

「クレイジーだ」

「最悪のルールだ」


などと2000件を超えるコメントが書き込まれている。



結局、このホールがバーディーではなくパーとなったキム。通算4アンダーで首位と14打差の42位に順位を落としている。


プレー中に突如決めたんなら分かるけど、相当前からそういうルールがあるのをわかってたんだから、紳士を重んじるゴルフなんだから潔く認めないと。


ルールが馬鹿馬鹿しいかどうかが問題ではなく、ルールは守るためにあるのが分からない方々が多すぎる。それなら1日カップの縁に止まったボールを見ていればいい。



実際にゴルフをやりながら時計で測ってみればわかりますが、1分って異常に長い時間です。ルールで定められている10秒でも一般的には長いです。


普通にホール際で落ちるかどうか待つ時間なんて1~3秒です。風や傾斜で球が静止せずに揺れていたので静止するまで待っていたならともかくとして、単に縁で止まった球を1分間見ていたのであれば、別途スロープレーのペナルティすら科されても仕方ない時間です。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ