Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

東京五輪で「看護師500人確保」発言に医療関係者が激怒…「絶望感しかない」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長が4月26日の会見で、大会期間中の医療人員として看護師500人の確保を日本看護協会に依頼したことを認めた。この発言に医療関係者、世論の怒りが収まらない。



新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が東京、大阪、京都、兵庫で発令され、医療体制が逼迫している地域もある。都内の病院に勤務する医療関係者はこう語気を強めた。


「関西圏で急拡大する変異ウイルスが首都圏でも感染拡大して収束の見通しが立っていません。個人的にはロックダウンした方が良い。それぐらい危機的な状況だと思います。そんな中で東京五輪の期間中に看護師500人を確保したいって…。看護師はどこの病院も不足していてやりくりが大変なんです。組織委員会の人達は少ない人員で働いている医療現場を一度見に来て欲しい」


武藤事務総長の発言が医療関係者の反発を呼び、28日には愛知県医労連がツイッターデモを行い、多くの人が拡散。「#看護師の五輪派遣は困ります」がトレンド入りを果たした。



SNSやネット上でも批判コメントが相次いだ。


「今でさえ通常の仕事やコロナ対応で追われているのに、仕事場を移しコロナ対応に当たる余力などほぼ皆無でしょう。感染力の強い英型やインド型の二重変異株ウイルスの感染の危険に晒されるし、既に心身共に限界でしょう。余計な仕事を増やすJOCや政府や都は負担も考えず、信じられない」


「これ、看護師の大量退職を招かないかな…? 看護協会が要請に応じてしまった場合の仮定になるが、五輪担当で送り込まれる看護師が出ることになる。恐らく、何らかの批判が看護師当人に向けられることは予見できる。それを避けたい看護師は、退職の道を選ぶことがあっても不思議ではない」



そして怒りの矛先は東京五輪に内定が決まったアスリートにも向けられ、「アスリートの皆さん、医療従事者の過酷な仕事ぶりを見ても、五輪に出たいと言えますか?」などの意見まで飛び出している。


シドニー五輪に出場したある選手は、アスリートたちの心情を慮る。


「東京五輪、パラリンピックの開催に向けて賛否両論あると思いますが、一番肩身が狭い思いをしているのは選手たちです。五輪は他の国際試合とは違う特別な舞台なんです。今でもシドニー五輪に出場したことは人生の宝物だし、今回は地元の日本で五輪が開催されるのでまさに夢の舞台です。辛い練習を頑張れるのも、東京五輪で金メダルを取りたいという大きな目標があるから。選手たちの気持ちを考えると、東京五輪を開催してほしい。でも今のご時世は医療関係者が大変な思いをされているし、国民も不要不急の外出を控えて生活を送っている。五輪を開催してほしいと公の場では発言できません…。僕も正直肩身が狭いです」



苦悩の表情を浮かべてこう選手を擁護した。


「五輪に出場が内定している選手たちは責めないで欲しい。選手たちに落ち度はありませんから」


組織委員会の橋本聖子会長は28日、国際オリンピック委員会(IOC)などとの5者協議後に記者会見し、「ギリギリの判断として無観客という覚悟を持っている」と語った。東京五輪に向けて問題が山積する中、政府、組織委員会、自治体、国際オリンピック委員会の決断が注目される。


東京、1027人!ネット「絶望感しかない」



東京での29日の新型コロナウイルス新規感染者数が1027人と判明し、ネット上では「絶望感しかない」などと落胆の声が見られた。


東京で1000人を超えるのは1月28日以来。


ネット上では「来週は2000人超え」「絶望感しかない。特に看護師の焦燥感は見ていて辛い」「医療崩壊だ 路上飲みのおろかな姿」「まだまだこれから増えてくるでしょうね 大阪みたいに」「知事のお願いは都民は完全ムシだね」などと悲観的な投稿が見られた。


スポーツが巨大なカネの動く商業主義に陥り、開催都市のコロナ禍がどんなに深刻になろうともなりふり構わずに東京オリパラを強行しようとするIOC。バッハ会長の発言は、あまりにも無責任で身勝手な一大興行師としてのIOCの姿勢を浮き彫りにしている。世界的なパンデミックの最中、日本国民に「竹やり精神」を発揮するよう煽っているだろうか。


政府分科会の尾身会長は28日、図らずも東京五輪について新型コロナの感染拡大のリスクがあると指摘した。


万が一、東京オリパラで感染爆発が起きたら、誰が責任を取るのだろうか。バッハ会長は責任を取るのか。後世、五輪史上「東京の悲劇」とも呼ばれかねないほどの開催都市の惨状になるだろう。


ただ、まだ今なら間に合う。後手に回れば回るほど、「五輪ありき」でコロナ対策でも政策判断を誤る。限られた医療資源を有効に使い、国民の命と健康を守るために五輪中止を早急に決断すべきではないか。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ