Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

春場所取組で響龍さんの命がなくなってしまった、八角理事長「茫然としております」

 これを機に力士の安全を最優先にして欲しい。勝ち名乗りなど後回しにして、ケガをした力士の状態をまず確認して欲しい。でないと他の力士も安心して相撲取れない。亡くなった響龍さんのご冥福をお祈りします。



大相撲の境川部屋の三段目力士、響龍さん(本名・天野光稀)が28日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。28歳だった。日本相撲協会が29日、発表した。


響龍さんは3月の春場所13日目の取組で、すくい投げを食った際に頭から落ちた。意識はあったがうつぶせ状態のまま立つことができず、倒れてから約1分後に、呼び出し3人があおむけにした。審判の親方衆や医師らが容体をうかがうなどし、倒れてから約6分後に担架に乗せられて土俵を降り、都内の病院に救急搬送されていた。響龍さんは救急搬送された際、協会関係者に体のしびれを訴えていた。



翌日には、師匠の境川親方が日本相撲協会広報部を通じて「いま、一生懸命、治療に専念しています」とコメントしていた。関係者によると、響龍さんの入院生活は続いていたというが、徐々にまひした体が動くようになっていたという。しかし、28日に容体が急変。同日に死去した。取組でのアクシデントがきっかけとなった死去は、異例。寝たきりの状態が続いており、肺血栓を患っていたという。


協会トップの八角理事長は「この度の訃報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。私自身、突然の訃報に、ただただ驚き、茫然としております。一か月以上にわたる闘病生活、さぞ辛かったと思いますが、ご家族や師匠らの懸命の看病のもと、力士らしく、粘り強く耐え、病魔と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠って欲しいと願っております。懸命の治療を施してくださった医療関係者の皆様には故人に代わり、深く感謝申し上げます」とのコメントを発表した。



取組中に怪我をするということが懸念点として長年大相撲に存在してきたことは事実ですが、亡くなる事態に発展してしまうというのは過去の事例を考慮しても思い付きません。


脳震盪が発生したときの対策は最近論じられる機会がありましたが、このようなリスクに対してどのように受け止めるか。相撲という競技の性格上起きてしまうと受け止めるのか、競技の在り方を変えてでも変えねばならないのか。



学校の柔道で子供が過去30年近くで100名超が死亡し、その多くが頭部外傷であったことを受けて、コンタクトスポーツにおける、脳振盪を含む頭部外傷の予防が重要課題となっています。柔道界は、安全指導の手引(『柔道の安全指導』)において、当初「不可抗力」とみなしてきたそれらの重大事故に向き合い、「怪我の予防」の観点から対策が進み、死亡事故は激減しました。



響龍さんの事案について、この報道ではそういった事故防止といった観点はありません。詳細に調査し、安全対策も検討した結果、不可抗力という判断になったのか、そもそもそういった観点が欠けていたのか。一人の命がなくなってしまったのですから、その情報も知りたいところです。


ご冥福をお祈りいたします。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ