Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

羽生結弦は現行採点制度への不満ぶちまけ…「卒論」流出の波紋g

 フィギュアスケート羽生結弦(26歳)がつづった卒業論文の一部である。


昨年、早稲田大学人間科学部通信教育課程を卒業した羽生。同学部発行の学術誌に特別寄稿するために加筆修正された論文の中身を、発売中の「女性自身」が報じているのだが、それによると羽生は論文で、現行の採点制度やその不備を悪用する選手やスタッフを痛烈に批判。ループジャンプの際、回転数を稼いでから離氷する選手を《稚拙なジャンプ》と斬り捨て、減点対象と明記しながら離氷を判定する基準がないと問題点を指摘。また、《審判員は1方向からしか見ることができないという物理的な制限があり、プログラムの振付師やスケーターのコーチによっては審判員の死角になるようにフリップジャンプ、ルッツジャンプを配置している》とも記している。



採点制度への不満は選手たちが一度は疑問に思ったことがある核心部分。スポーツライターの梅田香子氏はこう話す。


「卒論は研究、勉学の一環。羽生選手もまさか論文が表に出るとは思わず、踏み込んだ言及をしたのでしょう。フィギュアスケートの現場の裏側では、メディアに報道されることはありませんが、選手がジャッジについて不満や疑問を口にすることは珍しくありません」



羽生といえば、前人未到の4回転半ジャンプを猛特訓中だが、挑戦を公言し始めた直後の2018―19年シーズンから基礎点が前年度の15点から12・5点に改正。世界で最も成功に近いといわれる羽生の「ひとり勝ち」を阻止するためではないかとの声も上がった。そもそも大会のたびに、「羽生の得点が低すぎる」という疑念が出ている。


■「情緒の部分は数値化できない」


今回の論文で、北京五輪を前に「羽生イジメ」が加速するのではないかとの不安も広がるが、「それはないと思う」と否定するのは、前出の梅田氏だ。


「今は米国もヨーロッパもスケートショーが廃れてしまい、日本が一番の稼ぎ場所になっている。スケートを盛り上げるため、むしろ日本の選手に勝ってほしいというのが業界内の本音。4Aの基礎点減点は全体のバランスを考えた点数。北京五輪は現行ルールでいくでしょうが、五輪の翌年は改正が起こりやすい。4Aも基礎点が元に戻る可能性があります。ジャンプの点数はトライする人が増えれば下げ、減れば上げる傾向にあります」



無論、フィギュアはジャンプだけではない。テクニカルな部分がデータ解析によって明確化されても、「演技構成点」の項目のひとつ「演技力」や「音楽との調和」の数値化には限界がある。


「ジャンプの回転に関してはAIで採点できても情緒の部分は数値化できない」(前出の梅田氏)


羽生のモヤモヤを完全に解消するのは難しそうだ。



ジャッジの基準が曖昧なのはフィギアに限らない。所詮は人が審査するのでその人の感情次第のところもあるが選手や観客にも採点基準が理解できるように努力すべきでしょうね。


それよりも、卒論が流出した事の方が大問題。これは絶対にあってはならない事だ。誰がどのような手段で外部へ流出させたのか。外部で最初に入手したのは誰か。経緯を明らかにして該当者を適切に処罰しないといけない。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ