Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ゴルフ場支配人は、「プレー代は要りませんので、お帰り下さい」!文中敬称略golf

 老若男女を問わずゴルフを趣味としている人は多い。企業経営者らにとっては、ゴルフ場は「大人の社交場」でもある。それはヤクザの世界でも同様だった。



実際にゴルフを愛好する暴力団幹部も多い。首都圏で活動している指定暴力団幹部もその一人だ。


「ゴルフは早朝の5時、6時に早起きして出発しなければならないが、晴れた日などは青空とグリーンの芝生がきれいで、ゴルフ場に行くと気分が良い。自分もよくプレーした。


身内だけでプレーする場合は賭けていた。いわゆる『握る』というやつだ。一打につき何万円とか、池にボールを入れてしまう『池ポチャ』でいくらとか。負けたらその日のプレー代をすべて負担するといったこともあった。ゴルフコンペのような形でカタギの事業家の人たちとプレーする場合は親睦会のようなもので、とても重要な交流の場でもあった。カタギの人たちとは賭けていない。純粋にゴルフは楽しかった」



「プレー代は要りませんので、お帰り下さい」


その暴力団幹部が「ゴルフは楽しかった」と過去形で表現するように、現在、暴力団など反社会的勢力に属していると事実上、ゴルフ場でプレーを出来ないのが実態だ。


前出の暴力団幹部が、「すでに何年も前から、暴力団排除条例などで反社(会的勢力)はダメということなった」と打ち明ける。


「ある時、ゴルフ場に(同じ暴力団組織の)身内だけで集まってプレーを楽しんでいたら、別の団体の幹部たちもいたため、軽く挨拶を交わした。すると、そのグループに警察がやって来てプレーを中断させられて帰らされた。それを見て笑っていた」



ところが、昼飯を食べてプレーを再開したところ、その暴力団幹部のグループのところにも警察とゴルフ場の支配人がやって来たという。


「支配人は『プレー代は要りませんので、お帰り下さい』とのことだった。恐らく反社データベースのようなものをゴルフ場が独自に作っていて、自分たちのことが(反社と)分かったのだろう。客が何者なのか分からなければ警察に通報できない。その後に一度だけ、別のゴルフ場に出かけことがあった。すると、同じように『お帰り下さい』だった。もう今は、ゴルフはやっていない」


山口組内の政治力学に利用されたゴルフコンペ


「カタギとの重要な交流の場」であったゴルフコンペが大きな批判の対象となることがあった。


「週刊新潮」が2008年10月9日号で、「大物『暴力団組長』誕生日コンペ&パーティーに」との見出しで報じた記事が大きな波紋を広げた。



テレビの歌番組などの常連で、誰もが知るベテランの人気歌手たちを多く集められるほどの実力を備えた暴力団組長の「大物ぶり」が話題となった。記事ではゴルフの後にパーティーが開かれ、集まった人気歌手たちが持ち歌を披露したことも記載されていた。


記事の登場人物の「大物暴力団組長」とは、山口組の5代目時代から最高幹部に名を連ねていた後藤組組長、後藤忠政のことを指していた。


後藤は武闘派であるとともに経済力も備えた経済ヤクザとして名が通っていただけに、この情報は暴力団業界、芸能界に瞬く間に広がった。ゴルフコンペに参加していた歌手たちは釈明に追われた。



問題は暴力団組長主催のゴルフコンペに人気歌手が参加していたというだけでは終わらなかった。後藤は、山口組本部の定例会を欠席していたにもかかわらず、ゴルフコンペを開催していたと山口組内で問題視され、除籍処分となり組織を去ることとなったのだ。


当時、山口組は6代目となっていたが、後藤は山口組の5代目時代からの最高幹部だった。


当時を知る警察当局の幹部は、「6代目体制となり管理が厳しくなったことで、一部の直系組長の間では不満が募っていたのは確かなことだった」と指摘している。こうした背景もあり、後藤は神戸市の本部での定例会を欠席したとみられた。


ゴルフコンペ開催を理由とした後藤の除籍処分に反発した山口組の直参組長らが、連名で抗議文を出したが、抗議人に加わった組長らにも処分が下った。ゴルフコンペ開催をめぐる動きが、山口組内の政治力学に利用された形だった。


企業が欲しがる「反社データベース」とは何か?


ゴルフ場のケースだけでなく、大手企業の多くはコンプライアンス担当の専門部署を設けて、暴力団組員が逮捕された事件で実名報道された過去の新聞記事などからデータを収集して、反社会的勢力対策用のデータベースを作成していることが多い。


中小企業や個人事業主に対しては、リスクコンサルタント会社などがこうしたデータベースを作成して提供していることもある。


あるコンサルタント会社の経営者は、「暴排条例ができたころは問い合わせが非常に多かった。最近も問い合わせが絶えることはない」と話す。


これまで暴力団幹部による多くのゴルフプレーが、事件として摘発されてきた。


2011年6月には、山口組幹部がゴルフ場でプレーしたところ、詐欺容疑で逮捕された。このゴルフ場は約款で暴力団関係者の利用禁止を定めていたが、暴力団幹部という身分を隠していたことでアウトとなった。同様に2013年6月、道仁会や住吉会の最高幹部が、2017年2月には極東会系幹部が逮捕されたこともあった。


ゴルフプレーが詐欺容疑に当たることについて、警察当局の捜査幹部が解説する。


「刑法の詐欺罪の条文の1項では、人をだまして金銭などを交付させることと規定されているが、2項という規定もある。2項は人をだましてサービスを受けるといった、財産上不法の利益を得る行為も詐欺にあたると規定している。こうした行為を通称『2項詐欺』という。ゴルフプレー詐欺はこれにあたる」


かつて警察当局は、多くの一般客を招いた暴力団幹部が主催するゴルフコンペが活動資金集めに利用されるケースがあるとしてマークしてきた。週刊誌で報じられた大物暴力団組長のゴルフコンペは誕生日パーティーも合わせて開催されていたため、多額のお祝い金が包まれた可能性もある。


だが現在は、コンペどころか、ゴルフプレー自体が摘発の対象となっているのが実情だ。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ