Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

キャディー早藤氏の「胸を打つ、すがすがしいシーン」…マエケンが松山英樹を祝福hi

 ゴルフの米男子ツアー、マスターズで松山英樹が日本人初のメジャー制覇を成し遂げた。アジア人として初めての快挙に祝福の声が集まる中、松山選手とともに闘った早藤将太キャディがとった行動に感動が広がっている。



世界中のゴルフファンが注目し、圧倒的な歴史と伝統を誇るマスターズ。その価値は特別で、特に米国では、大きく報じられている。


そんな中、1つのシーンが注目されている。


米ESPNはツイッターで、主役の陰にかくれていたものの、この偉業達成に絶対に欠くことのできなかった、ある人物にスポットライトを当てている。



松山が優勝を決めた直後の早藤将太キャディーの振る舞い。最終18番ホールで手にしていた黄色いピンを、右手で持って、ホールに戻す。その直後、一連の流れで緑色の帽子をとって、コースに向かってお辞儀した。このシーンを「ショウタ・ハヤフジがコースに頭を下げた」などと、動画ともに取り上げ、ツイートしている。


日本選手はスポーツの中でも、自然と頭を下げて周囲や、仲間に感謝を示す振る舞いをする。


同じメジャーチャンピオン、全英女子オープンを制した渋野日向子も、最初のホールに入る際に、お辞儀をしていた。



サッカーの長友佑都に至っては、仲間にも浸透させ、ゴール後のパフォーマンスの1つにしていた。


早藤氏が、松山を勝たせてくれた名門コースに、お礼の気持ちを伝えたのか、拍手を送ってくれたパトロン(ギャラリー)に思いを伝えたかったのかどうかは、分からないが、胸を打つ、すがすがしいシーンだった。


実際に文化の違う海外でも、そう感じさせ、受け入れられているようだ。


一連の行動が「日本人らしい姿勢が素晴らしい」と海外メディアからも取り上げられた。



ネット上でも「日本人として、誇りに思う。」「いい光景だ。」「さすが日本人」「日本人は素晴らしい」と賞賛の声が相次いだ。


松山の偉業は、日本人初という形で強調されがちだが、たとえ日本人初であってもなくても、ひそかにではあるが、支える人のこのような振る舞いにスポットライトが当たることも、誇らしくなってくる。


松山の明徳義塾高-東北福祉大の後輩でもある早藤氏は、松山の晴れ舞台、グリーンジャケット・セレモニー(優勝セレモニー)もグリーンの脇で、正座して真っ正面から見つめて、受け止めていた。



松山と、そしてマスターズという歴史ある大会、ゴルフそのものへの敬意をあらわし、正座で、背筋をピンと伸ばしているようにも見えた。


一方、マエケンが松山英樹を祝福「名前を出して頂きとても嬉しい」


ツインズの前田健太投手が12日、自身のツイッターを更新し、マスターズ制覇の快挙を成し遂げた松山英樹を祝福した。


前田は「松山選手おめでとうございます!そして名前を出して頂きとても嬉しい」とつづった。



松山は優勝後のインタビューで「若い選手の模範になるためにアメリカでプレーしているのか」という質問に対し、「野球ではダルビッシュさんとか前田健太さんとか、大谷とかいろんな人がいますが。ゴルフでは僕しかいないので。必然的に僕になるんでしょうけど。もっともっといいニュースを日本に届けられたら、僕を目指してやってくれると思います」と話していた。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ