Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

インドネシア潜水艦が行方不明…以前は韓国でメンテナンスを受けていたin

 インドネシア軍幹部は21日、53人が乗った潜水艦が訓練中に連絡を絶ち行方が分からなくなり、捜索を始めたと明らかにした。地元メディアなどが報じた。



潜水中に何らかのトラブルで停電が起き、制御不能になった可能性があることが22日分かった。水深600~700メートル付近まで沈んだとみられている。国防省が明らかにした。


潜水艦は21日未明、バリ島から北方へ約95キロの海域で訓練をしていたが、海軍の報道官は「水面下に入ったと報告があった後、すぐに連絡が取れなくなった」と話した。



インドネシア政府はインド、オーストラリア、シンガポールに救援支援を要請しており、捜索を急いでいる。


潜水した付近の海面に、燃料のような油が浮かんでいるのを21日朝に捜索ヘリコプターが発見した。



潜水艦はドイツ製の「KRIナンガラ」。ロイター通信によると、1978年製で、インドネシア海軍が持つ潜水艦5艦のうちの一つだった。


同艦は水深250メートル前後までの水圧に耐えられるように設計されている。


KRIナンガラ-402は、多くの国で海軍が広く使用している209/1300型潜水艦です。海軍の主力の海洋のalutsistaは59.5 m x 6.3 m x 5.5 mの寸法の1,395トンの重量を量る。



KRIナンガラ-402は4つの電気ディーゼルエンジンによって動力を与えられる。潜水艦は21.5ノットの巡航速度を有し、34人の乗組員を運ぶことができる。


ストライキ艦隊の一部として、KRIナンガラ-402は8本の管で14 21インチまたは533mm魚雷で武装していました。またKRIナンガラ-402はCSU-3-2のソナーが装備されているタイプ。


以前は、潜水艦は2009-2012年に韓国の大宇造船&海洋工学造船所でメンテナンスを受けていた。最後にKRIナンガラ-402は、防止と対策を含む海の戦闘警報作戦を実施するヌサ-15シールドタスクフォースに参加し、インドネシア東部の管轄領海の違反を取り締まりました。


「ナンガラ」はドイツ製209型潜水艦で、艦齢42年は潜水艦としてはかなりの老朽艦です。日本の海上自衛隊の潜水艦はその半分くらいの年数で退役させます。潜水艦は潜水時に船体に負荷が掛かるので、あまり長くは使える船ではありません。潜水艦で艦齢42年は限界に近い数字です。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ