Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国外交部パンフレットに「日本人は陰険、中国は寛容」ko

 韓国政府がK-POOP用に作成した外交のパンフレットに「中国は寛容、日本は陰険」と書かれていることが分かった。日本人の本音と建前は外国人にとっては「陰険に見える」と勝手に決め付けて批判していたのだ。



韓国外交部が最近、国会をはじめとする公共機関に配布した韓流関連パンフレットに、中国は丁寧な態度を示している反面、日本に対しては冷遇するような表現が含まれていて問題になっている。


野党「国民の力」の金起ヒョン(キム・ギヒョン)議員によると、外交部は最近、韓国国際交流財団と共同で作成した『地球村韓流現況』というパンフレットを国会に配布した。韓流文化が全世界にどのように拡張しているのかを説明する内容だ。



問題は韓流消費の最も大きな市場であり隣国である中国と日本を紹介する部分だ。中国の「文化的特性および考慮事項」項目に「古代から中国は天子の国、すなわち天朝と呼ばれた」「現世的な特性が強い中国人は世界最高水準の雄壮で華やかな皇帝文化を作った」などと紹介した。あわせて「56の多民族で構成された中国文化は世界で由来を見つけられないほどの文化的多様性と外来文化に対する包容性を持つに至った」とも書かれている。このように中国文化を称賛して尊重する表現が至るところに登場している。


反面、日本の「文化的特性」項目には「自分たちの身分に相応する地位を持ち、そこから外れない行動をすることを重視する」「日本人は自身が持っている本心を明確に出さずに自身が属した組織や団体の意見に従う傾向があるが、これは組織や集団の目標を安定的に達成しようと思うところから始まる。これを通常、日本人たちの本音(個人の本心)と建前(社会的規範に基づいた意見)といって、このような背景を理解できない外国人は日本人が陰険で信じられない民族だと誤解する場合があるが、日本人は相手の本音と建前を自然に読みあい、これに合わせていく」と紹介した。誤解するなとは断っているが、「陰険」「信じられない民族」という表現は聞き方によっては蔑視発言としても受け取ることができるような部分だ。



金起ヒョン議員は「韓流文化を紹介するパンフレットを通じて外交部の屈辱的かつ無能な外交の素顔が如実にあらわれた」とし「中国には露骨に事大しながら、日本に対しては実益のない感情だけを表することが文在寅(ムン・ジェイン)政権の外交戦略なのか」と批判した。引き続き「文在寅政府は中国の歴史・文化わい曲には顔色を伺いながら、一方で日本とは歴史問題の解決ができないまま未来志向的な韓日関係も構築することができずにいる」とし「外交ラインを今すぐ入れ替えなければならない」と強調した。


正直今回の出来事は韓国であっても一線を踏み越えた事案に該当すると思う。K-POOP用のパンフレットということで、本来ならば日本人の目に触れるようなものではなかったはずだ。ところが韓国マスコミはこぞって記事にしてわざわざ日本語版でも報道した。文在寅政権を叩きたい意図もあるが、それ以上に日本人への憎しみが止まらなくなっている状態に思える。ここ最近の韓国は負け続きでいいことがないから愛国心の発揮具合が露骨になっている。



コメント欄でも、日本政府はこの記述に対して普通に怒っていい、ありえないことだと憤る人が少なくなかった。アジア系への暴行が問題になっているが、それとは別にアジア系同士でこうした差別的な決め付けが横行しているのは考えものだろう。韓国の暴落少年団が暴行をやめろと訴えても1ミリも響かない。むしろ日本人には関係のない話だとさえ思えてしまうのが実情だ。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ