Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

織田信成、涙と鼻水がボロボロ出てきて、号泣した!「本当によくがんばったなって思うんですけど…」nob

 元フィギュアスケート五輪代表の織田信成が16日、テレビ朝日報道ステーションに出演。「フィギュア国別対抗戦」のインタビュールームからの中継で、コロナ禍の中でシーズンを戦った選手たちの話をするうちに、号泣しはじめた。



松岡修造と中継出演。松岡が、演技でミスが出た宇野昌磨がインタビューで涙したことを伝え、コロナ禍で選手のコンディション調整も大変だったと語ると、織田は「振り付けが海外に行けなくてリモートになったり、モチベーションを保つのに大変なシーズンだった…」と話したところで言葉に詰まり、「ごめんなさい…」というと、手で口をおさえた。


声を必死に絞りだしながら「あの…うっ…うっ、あの…すごいみんな…ごめんさない…最後にお疲れ様って…本当によくがんばったなって思うんですけど…」。涙と鼻水がボロボロ出てきて、号泣した。



「僕解説の仕事してるんでどうしても皆のこと、ちょっと上から話さないといけないというのが心苦しくて…」と泣きながら話し、「なんか偉そうにしゃべってる自分が嫌になっちゃって…うっ、うっ」と泣き続けた。


松岡は「織田さんね、それは偉そうじゃなくて。フィギュアの選手だから織田さんは感じるんだと思う。僕はここで宇野さんと話しました。彼はコロナ禍だからこそ気づけたこともたくさんあった。強くなったこともたくさんあった。北京の前に気づけたことが大きかったんじゃないかなと思うんですね」と締めていた。



織田に向けて「選手ががんばったんだから」と拳をにぎりしめていた。


織田くんは、演技中は無駄なことは言わず、技の加点減点の理由もわかりやすく説明するし、アナウンサーの適当な煽りにも負けず、きちんとその選手年単位で見ているからわかること、伸びしろなどにもきちんと言及するし、本当に地上波放送としてはピカイチの解説者です。選手にも視聴者にも寄り添ったプロの解説。


その前に、男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(26歳)は国際スケート連盟(ISU)公認大会では今季自己ベストとなる107・12点で2位だった。1位はネーサン・チェン(21歳)で109・65点。宇野昌磨(23歳)はジャンプが乱れ77・46点の9位だった。団体戦としての成績は、日本は初日を終えてロシア、米国に次ぐ3位につけている。



羽生は冒頭の4回転サルコーは美しく着氷。4回転トーループ-3回転トーループと続き、ジャンプ3要素目のトリプルアクセルはこらえる形で着氷させた。フィニッシュの後は、日本の応援席へ向けてピースサインを見せた。得点を確認すると、何度もうなずいていた。


演技後の取材では直前に宇野が苦戦していたことを受け、「彼(宇野)の力とか魂とか受け取れて頑張れたと思います。自分が一番貢献できることは自分の演技にしっかりと入り込んで、自分のペースでやることだと思っているので。ただ、今日は最後の最後まで宇野選手とともに力を借りて滑らせていただいたなと思っています」と振り返った。



チェンに次ぐ2位という順位は「気にしていないです」とした上で、4回転ジャンプを決めることができ、「前半のサルコーとトーループジャンプを初めて、このプログラムで、試合できれいに決めることができて成長しているなって思えています」と手応えもつかんだようだった。


3月の世界選手権は3位。羽生は「やっぱり世界選手権の悔しさみたいなものは少なからずあって、リベンジしたいという気持ちも少なからずあるんですけど…。その気持ちも認めてプラスアルファ、今日の演技のように自分が成長したなと思う演技ができるように、しっかり自分に集中したい」とSPとは別の戦いになるフリーへ向けた心境を語った。


宇野は冒頭の4回転フリップから乱れ、続く4回転トーループは転倒。トリプルアクセルも右手をついた。演技後は「チーム戦ということで、間違いなく僕が足を引っ張ってしまったなという感想。演技内容もジャンプはもちろん、つなぎやスピン、練習を積み重ねている分、より大切さを痛感した。まだ悔しがるという場所にも立てていなかった」と反省していた。


団体戦の今大会は順位に対して得点が入る。男子SPではチェンが12点、羽生が11点。宇野は4点。アイスダンスと合わせた全体としては、日本は42点で3位。1位はロシアの49点。2位が米国の47点。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ