Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

大谷翔平が敵軍中継局に「オー、ソーリー」!米反響「振る舞いも一流」「Oh Sorry」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。5回の第3打席で4号ソロを放つなど3安打1打点の活躍を見せた。飛距離431フィート(約131.3メートル)の一発や、平凡なゴロを内野安打にした俊足ぶりが称賛の的となる中で、意外なシーンも注目を集めている。ファウルチップが相手捕手を直撃。大谷が思わず「Oh Sorry.OK?」と気遣うシーンを現地メディアが公開すると、米ファンからは「振る舞いも一流」「超かわいい」などと反響を呼んでいる。



これもまた大谷らしいシーンかもしれない。7回の第4打席だ。左腕ブレンツの初球をスイング。ファウルチップが捕手のペレスの左足付近を直撃した。すると次の瞬間、とっさに「Oh Sorry.OK?」と発し、ペレスを気遣ったのだ。


ファウルチップが直撃するなど日常茶飯事。それでも思わず出た大谷の優しさに現地メディアが注目。米カンザスシティのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・カンザスシティ」公式ツイッターでは「グッドガイ、ショウヘイ。サルビーにファウルチップを当てた後、オオタニが謝罪」と添えて動画付きで脚光。現地の実況席も「今オオタニが『Sorry』と言ったのを聞いた気がします」と大谷の発言を伝えていた。



同紙は「このような言葉は、MLBの試合でめったに見られる(または聞ける)ことではない」と指摘。「大谷は101マイル(約162・5キロ)の球を投げ119マイル(191・5キロ)の打球を放つだけでなく、非常に礼儀正しい人だった」と伝えた。


この振る舞いにファンからは「才能豊かで振る舞いも一流」「この男は見ていて楽しい」「この『Oh Sorry』が超かわいい」「天使」などとコメントが集まっている。


14日(同15日)の同戦では3打数無安打に終わり、連続猛打賞もストップ。今季開幕投手のケラーと対戦。初回無死一塁は空振り三振。チームも連敗となった。



一方、大谷翔平の粋な計らい?HRキャッチした米マニアの後談「サインをもらったようだ」


米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季ここまで打者として3本塁打を放っている。


9日(日本時間10日)のブルージェイズ戦では中堅左へ3号を放ったが、ボールをキャッチした米マニアの様子が話題に。コレクターだというこの青年は試合後、エンゼルスを通じて大谷から粋な計らいをしてもらったと話している。



大谷の本塁打を掴んだ男が話題だ。ブルージェイズ戦の5回無死走者なし、大谷が大飛球をバックスクリーン左へ運んだ。すると、マスク姿で赤い帽子を被った外野席の青年が、グラブをつけた左手で3号ソロをキャッチ。両手を広げて大喜びだ。直後の5回1死二塁の場面でもカメラに抜かれ、電話をかけているようだった。


メジャー通算50号を捕球した一部始終の動画を球団公式ツイッターが公開。地元紙「ロサンゼルスタイムズ」は、この青年は米国で“ホームランキャッチマニア”として有名なグレッグ・バラッシュさんだと紹介していた。


バラッシュさんは試合後、球団を通じて大谷から粋な計らいをされたことを明かしている。アレックス・ロドリゲスの通算3000安打目となった本塁打をキャッチするなど、ボールコレクターとして全米の球場を訪れる有名YouTuberザック・ハンプルさんが投稿した動画に登場。こんなやり取りをしている。


ハンプルさん「(バラッシュは)オオタニの本塁打のときに映っていた男だ。彼はスイートスポットにサインをもらったようだ。エンゼルスが君の為に取り計らってくれたんだよね?」

 バラッシュさん「そうなんだ」


映像に登場したバラッシュさんが手に持ったボールには、サインと「17」の数字が書かれているように見える。バラッシュさんは、これまでファウルボールなども含めて3600個ものボールを手に入れたと豪語している。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ