Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

池江璃花子の復活に米国と豪語メディア反応…「僕は神だから」rika

 リレー2種目での東京五輪出場を決めた競泳の池江璃花子(20歳)。白血病公表からの復活劇は多くの人の心を揺さぶったが、そんな奇跡のウラでは算盤をはじく音が聞こえる。開催機運が全く盛り上がらない五輪の救世主たる彼女にすがろうとする、「大人たち」の思惑。



我々が目撃したのは“奇跡のような出来事”ではなく、奇跡そのものだったと言えるのかもしれない。


「池江さんの復活は、我々の想像をはるかに超えていました。少なくとも私の経験上は見たことがなく、あり得ないことです」医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏はそう語る。


「一般的には造血幹細胞移植手術の後はなかなか体力が戻りませんから、1年ほどはしっかり休んでもらいます。しかし池江さんは手術の約1年後には競技会に出るまでに回復しました。これだけでも驚異的ですが、それから1年も経たないうちに日本代表選手に選ばれるなんて信じられません」



池江が白血病と診断されたことを公表したのは2019年2月である。その年の夏に造血幹細胞移植手術を受け、年末に退院。翌年3月17日、実に406日ぶりにプールに入り、8月に行われた東京都特別水泳大会で実戦復帰を果たした。


それから約8カ月――。


東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権に臨んだ池江は、まず4月4日に100メートルバタフライ決勝を制して400メートルメドレーリレーの代表に内定。さらにその4日後には100メートル自由形の決勝でも勝利し、自由形の400メートルリレー代表の座もつかんだのだ。4日、100メートルバタフライ決勝後のインタビューで池江がむせび泣きながら、「勝てるのはずっと先のことだと思っていた」と言葉を絞り出す姿に心を揺さぶられた方は多かったに違いない。



池江の涙の復活劇は海外メディアでも報じられたが、中でも注目すべき記事を掲載したのは、五輪の放映権を有する米NBCの電子版。8日付の記事で池江について次のように指摘したのだ。


〈オリンピックの開会式は7月23日に開催される。大会初週の週末に競技を控えている世界的なトップスイマーが開会式への参加を見送ることはよくある。しかし、もし池江が参加するのであれば、旗手、選手宣誓、聖火の最終点火者といった重要な役割を担う最有力候補である〉



現役選手が聖火の最終点火者となるのはごくまれではあるものの、2000年のシドニー五輪でアボリジニの選手が務めたようなケースもある。開会式でメイン会場の聖火台に火をともす最終点火者が池江となった場合、世界規模で大きな話題になるのは間違いないが、それが現実となる可能性はどれくらいあるのか。


「はっきりとした根拠はありませんが、池江さんが聖火の最終点火者を担う可能性はフィフティー・フィフティーくらいはあるのではないでしょうか」と、元JOC職員でスポーツコンサルタントの春日良一氏は話す。


「ただ、開会式にすら出ないことの多い競泳の代表選手に、開会式の演出部分の仕事を担わせていいのかという問題は当然、出てきます。競技団体である日本水泳連盟が、池江さんを最終点火者に起用する案をすんなり受け入れるとは思えません」


スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏は、「この件をNBCが報じたということは大きな意味を持っていると思います」として、こう語る。


「IOCに10大会分で1兆円を超える莫大な放映権料を支払っているNBCですから、日本国内のメディアが報じるのとはわけが違う。『池江に聖火の最終点火者をやってほしい』、あるいはもっと強く、『そうしなさい』というNBCのメッセージと取ることもできます」


池江と聖火といえば、昨年7月23日に五輪組織委員会が開催した「記念イベント」を思い出す方もいるかもしれない。新国立競技場で聖火がともされたランタンを掲げた池江が、


〈1年後の今日、この場所で、希望の炎が輝いていてほしいと思います〉


毅然とそう述べるシーンは多くの人を感動させたが、その一方、「病から復帰したばかりの池江を“大人の事情”で酷使するのは控えたほうがいいのではないか」との声もあった。


当時、池江は東京五輪の4年後のパリ五輪に照準を合わせて練習を再開していた。そんな彼女が東京五輪に“間に合う”という奇跡を起こせた背景に、凄まじいほどの努力の積み重ねがあったことは間違いない。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ