Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

石川遼が松山の偉業に「すごい」!韓国メディアが松山マスターズを酷評ryo

 石川遼が14日、練習ラウンド後に取材に応じ、日本人初のマスターズ制覇を果たした同学年の松山英樹について語った。



「すごいなという気持ちと、やる感じはあったというか、メジャーでも何度も優勝争いをしているし、そこまでラッキーな要素がなく勝てるというのはすごいなと思いました。自分も続けるように頑張りたい」と大いに刺激を受けた。


試合はテレビで観戦していたが「本当に感動しました。人並みですけど、すごいなと思いました」と改めて偉業を称えた。優勝決定後にLINEで祝福メッセージを送ったところ、本人から返信があったという。



「よく『彼にできるなら自分にもできる』という表現がありますが、英樹にできて自分にできないこともあると思う」と石川らしい言い回しで説明。「自分も冷静に現実を見ながら、自分のゴルフをマネジメントしていくという意味ですごく刺激を受けました」と語った。


松山の日本人、アジア人初の快挙については「ゴルフは個人個人の戦いですし、チームの競技ではない。実際、日本人選手が勝っていなかったですけど、英樹ができたからといって、(他の)日本人もできるんだという話ではないと思う」と繰り返した。


「自分なりの方法でアプローチしていく。冷静に自分を分析しながら伸ばしていくことに徹していくことだ思う。焦らず、継続することが一番の近道になるかもしれない」と話した。



「とにかく勇気づけられたし、モチベーションにもなるし、本当に歴史的な瞬間だと思う。だからこそ、そんなに簡単なことではないということも分かるので、すごさをより感じました」と語っていた。


松山英樹は次の目標設定を先送り


松山英樹は14日、一時帰国中の記者会見に出席した。グリーンジャケット姿で喜びを口にし、今後ついては「もう少し余韻に浸りながらゴルフをしたい」と穏やかな表情で話した。


メジャー初勝利から、周囲からは早くもグランドスラム(4大会制覇)への期待も感じる。松山は質問に対し「そういう気持ちは少なからずあるんですけど、終わって本当に疲れたというか、今までにない感情を感じているので、まだ次の目標を決めるところには達していない」と笑顔で返答。キャリア最大と言える目標を達成してからまだ数日。祝福メッセージに丁寧に返信する日々を過ごしている。



13日夕の一時帰国から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2週間の自主隔離期間を含めてオフに入る。PGAツアーへの復帰は5月を予定。5月6日開幕の「ウェルズファーゴ選手権」か、翌週の「AT&Tバイロンネルソン選手権」で再始動するつもり。メジャー第4戦の「全米プロゴルフ選手権」に向けた戦いをスタートさせる。


「ホントに終わったばかりで、まだクラブはあんまり握りたくないなと思っている状況。そこ(全米プロ)に頭が切り替わっていない状況なので。なんとも言えないですけど、切り替わったときにまたメジャーで勝てるように、いい戦いができるように、日本のファンの皆さんにいい報告ができるように頑張りたい」と、予想を超えた世間の盛り上がりを喜びつつ、まずは一息つくつもりだ。


一方で、韓国メディアが松山マスターズ制覇を酷評



韓国メディアが、男子ゴルフの松山英樹(29=LEXUS)が日本人として初制覇した「マスターズ」の低視聴率ぶりを酷評した。


韓国メディア「スポーツ傾向」は「松山が優勝したマスターズはテレビ視聴率では〝半分の成功〟だ」と注目度が低かったと指摘した。


同メディアは、今年のマスターズ最終ラウンドの米国での視聴率が「945万世帯が視聴して世帯視聴率5・5%だった」と紹介。「だが、同じ4月に開かれた2019年大会より視聴率が13%低く、18年大会と比較すると27%も下落してしまった」と米国での〝低視聴率ぶり〟を強調した。


同国メディア「文化日報」も近年の大会と比べて視聴率が「はるかに低かった」と厳しく報じたうえで、その原因を分析。「今年の最終ラウンドの視聴率は1993年以来最も低かった。最終日の視聴率下落は、何よりもスター選手たちの不振のためだという分析がある。ダスティン・ジョンソン(米国)やロリー・マキロイ(北アイルランド)は脱落し、ジャスティン・トーマスとブライソン・デシャンボー(以上米国)は優勝争いに加われなかった」と米国で注目度が高い選手の不振を挙げた。



それだけでなく「最近2年間顕著な成績を出せなかった松山英樹というアジア人選手の快走は、どうしても米国人の目を引くためには力不足だった」とバッサリ。まるで松山が米国で人気がないと言わんばかりの論評を展開した。


韓国はゴルフ界では海外で活躍する選手が多く〝アジアの盟主〟を自任しているだけに、松山によるマスターズのアジア人初制覇の偉業がよほど悔しかったのかもしれない。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ