Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

なぜ大谷翔平の一塁失策は三塁打に記録訂正された?大谷翔平も誤審に不満? sho

 エンゼルス・大谷翔平投手が2日(日本時間3日)の本拠地・ホワイトソックス戦の初回に記録した打席結果「一ゴロ失策」が「三塁打」に訂正された。この試合を裁いていたのが公式記録員歴42年のベテラン、エド・マンソンさんだ。4日後の6日(同7日)に記録訂正された舞台裏を語った。



今季初安打となる三塁打に記録訂正されたのは一塁への強烈なゴロだった。打球速度174キロの一打は一塁手アブレイユの足元を襲った。マンソンさんは身振り手振りを交えながらエラーと判定した理由を語った。「(グラブの先の)“ここ”を通り抜けたから一塁手のエラーにしたんだけどね」。


大谷はその試合の第5打席で今季1号をマーク。それでも、試合後のマドン監督は本塁打のことよりも「最初の打席は間違いなく三塁打だ。抗議しないといけない」と異議を唱えていた。大リーグ機構からマンソンさんへ問い合わせがあったのは、試合から3日後だった。「MLBから連絡があり記録を訂正したんだ。きっとMLBはオオタニが好きなんだろう! 実は私もビッグファンだけどね」と笑顔を浮かべながら答えた。



マンソンさんはエンゼルス、ドジャースを中心に年間90試合ほどを担当するという。公式記録員は全選手に対して公平中立、そして1つの記録が選手生活をも大きく左右することをマンソンさんはよく分かっている。大リーグは開幕したばかり。一投一打、気の抜けない仕事はこれからも続いていく。


一方、悪名高きヘルナンデス審判員がエンゼルス-アストロズ戦で誤審を連発した。大谷翔平も誤審に不満? 


6日(日本時間7日)のエンゼルス-アストロズ戦で球審を務めたエンゼル・ヘルナンデス審判員が多くのメディアやファンから批判を浴びている。米USAトゥデイ紙のスポーツサイト「フォー・ザ・ウィン」は「多くの判断を誤った」と酷評した。



記事ではヘルナンデス審判員を「世界最高レベルの審判には見えない。そのレベルから大きく外れているように見える」と酷評。実際に紹介された動画では大谷もストライクゾーンから外れた投球をストライクとコールされている。「多くの誤審をして非難された。彼がどんなに酷かったかがわかる」と動画を紹介している。


主に審判にスコアカード(成績)をつけるツイッター「Umpire Scorecards」によると、ヘルナンデス審判員の正確さは86%。審判の平均は94%だという。「フォー・ザ・ウィン」は「ファンももう彼には嫌気がさしているようだ」とし、ファンのコメントを紹介している。


「ファンを責めるわけにはいかない。これは本当にひどい仕事ぶりだ。誤審がこれほど醜い試合があるなんてある意味凄いことだ。我々の前にロボット審判が現れる日も近いだろう」



ヘルナンデス審判員の誤審はかねてから問題視されており、2019年はヤンキース・田中将大投手(現楽天)もブルージェイズ戦でミスジャッジを連発されていた。米ニューヨーク・ポスト紙も「MLBの審判、エンゼル・ヘルナンデスが再び恥ずかしい仕事をして非難された。これは目新しいことではない。ヘルナンデスは球団とファンから長年にわたり、文句を言われている」と伝えた。熱戦に水を差す誤審だけは勘弁してほしいところだ。


何故審判は成績の評価によってクビにならないのか?打者だって打てなければ一軍の試合に出れないのだ。



評判の悪い審判は3Aに降格など当然だと思うが。審判のジャッジによって試合の流れも変わるし個人の成績や実績にも影響が大きい。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ