Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

歌手の華原朋美が「暴行被害」!取材中トラブルtom

 歌手の華原朋美(46歳)が〝暴行被害〟に遭っていたことが16日、わかった。



警視庁大崎署は16日、華原の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、自称会社員の32歳の男性Aを暴行の疑いで現行犯逮捕した。


同日午前10時33分に華原から警視庁大崎署に110番通報があった。それによると、華原が乗るタクシーの後ろをAが乗るタクシーが30分以上付いてきたという。華原のタクシーの運転手が尾行に気付き、本人に伝え、停車。Aの乗るタクシーも1台挟んで後ろに止まった。



車を降りた華原がAを問い質したところ、車内から華原の肩を押したり、腕をつかんだりしたという。Aは雑誌記者とみられ、警察の調べに「身に覚えがない」と容疑を否認している。華原から警察にストーカー被害についての事前相談は受けていなかった。暴行で現行犯逮捕とはただごとではないが…。


テレビ関係者は「Aがマスコミの関係者ならば、追跡取材していたのではないか。そこで取材をめぐってトラブルが起き、華原さんに警察を呼ばれたのではないか。激高して暴行事件に発展するほどのやりとりがあったというのですから、その中身が気になります」。


大崎署は華原の110番通報の申告内容に基づいて逮捕した。一部情報によれば、Aは近日中にも釈放される可能性が高いという。



業界では「どうも、ふに落ちない」という声も上がる今回の事件。真相は一体。


現行犯逮捕の要件に、○罪を犯した現行性○


その罪と犯人の明白性があり、現場急行した警察官がその場で、男性が罪を犯した間もない犯人であることと、華原さんに暴行した事実が明白であると判断し、現行犯逮捕したということになります。


現場にはタクシーの運転手がその現場を目撃していることや、タクシーであれば車内のドライブレコーダーも録画されていることから、これらも犯人としての明白性の裏付けとなります。


男性は本日もしくは明日に検察庁に送致され、裁判所において勾留が認められれば最大20日間の勾留が認められますが、検察や裁判所が勾留の必要性がないと判断すれば釈放とされる可能性もあります。


これまで幾度もないトラブルの現場で逮捕してきましたが、感情的になると怒りの抑制が難しくなります。そして暴行し逮捕され、翌日取り調べをすると逮捕された人は「スッキリした」と話す人はいなく、全員が「後悔」という言葉ばかりです。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ