Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ロシアはウクライナ国境近くで部隊増強…米国は黒海への軍艦派遣をuk

 ロシア軍がウクライナ国境付近で部隊増強の動きを見せ、緊張が高まっている。



親ロシア派武装勢力が一部を実効支配するウクライナ東部に隣接する地帯や、ロシアが併合したクリミア半島に集結しているとみられる。ロシアとしては、ウクライナ支援の方針を打ち出すバイデン米政権を強くけん制する意図がありそうだ。


ウクライナ軍のホムチャク総司令官は3月30日の議会報告で「(ロシアは)国境沿いやクリミアに28の大隊を駐留させている」と述べ、さらに25の大隊が展開する可能性があると説明。2日のタス通信によると、ウクライナ国境地帯を管轄するロシア南部軍管区は、約1万5000人から成る50を超える大隊がドローン(無人機)攻撃などを想定した演習を行うと発表し、部隊集結を認めた。



ロシアが対決姿勢を強める背景には、バイデン米政権に対する反発がある。バイデン大統領は2月の声明で、2014年のロシアのクリミア併合を「米国は認めていないし、今後も決して認めることはない」と強調。「ウクライナと共にロシアの侵略行為に立ち向かう」と表明した。


後ろ盾を得たウクライナのゼレンスキー大統領もクリミア奪還の方針を打ち出すなど強気の姿勢を見せている。米ウクライナ両首脳は2日、電話会談を行い、結束を確認した。


こうした状況を受け、ウクライナ東部での政府軍と親ロ派の紛争激化に懸念が高まっている。昨年7月に停戦入りしたが、最近は停戦違反が常態化し、ウクライナ側の死者は今年に入り20人に達した。親ロ派地域には現在、2000人を超えるロシアの軍事顧問らが入っていると推計する情報もある。



ロシアのペスコフ大統領報道官は2日、ウクライナ支援のために米国が軍を派遣したり、北大西洋条約機構(NATO)が兵力を増強したりすれば「間違いなくロシア国境付近の緊張を高めることになる」と主張。「安全保障のためにロシアは措置を取らざるを得なくなる」と警告した。 


米国は黒海への軍艦派遣を検討 


ウクライナ東部国境地帯でロシアが軍事プレゼンスを強化する中、米国は数週間内に黒海に軍艦を派遣することを検討している。米国防当局者が8日、CNNに明らかにした。


同当局者によると、米海軍は日常的に黒海で活動しているものの、このタイミングで軍艦を展開することで、米国は状況を注視しているとのメッセージをロシアに送る効果があるという。



黒海に入る海峡の支配をトルコに認めた1936年の条約に基づき、米国は黒海進入の意図を14日前に通知する必要がある。既に通知が送られたかどうかは不明。


同当局者はまた、ロシア海軍の活動やクリミア半島での兵員の動きを監視するため、米海軍は黒海上空で引き続き偵察飛行を行う方針だと説明。7日には米爆撃機2機がエーゲ海上空で任務を遂行した。


米国はロシア軍の集結を攻撃準備とは見なしていないものの、当局者は「何か変化があれば、我々は即座に対応する」と説明。現時点の分析では、ロシアが実施しているのは訓練と演習であり、将来の行動に向け軍の命令が出ていることを示す情報はないと語った。ただ、状況がいつでも変わる可能性があることは良く認識しているとも述べた。



ウクライナとロシアの間の緊張の高まりを受け、バイデン政権や国際社会からは懸念の声が出ている。バイデン大統領とブリンケン国務長官、オースティン国防長官、ミリー統合参謀本部議長、サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)はいずれも、ここ数週間の間にウクライナ側と協議した。


8日にはホワイトハウスのサキ報道官が、ロシアの行動は「深く懸念される」と指摘した。


またドイツ政府によると、メルケル首相は同日、プーチン大統領と電話で協議し、緊張緩和のために軍を引き揚げるよう要請。ロシア大統領府の発表によると、プーチン氏はウクライナ側が「挑発的な行動」に出たと非難したという。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ