Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

山尾志桜里が議員パスを不適切に使用していた…倉持弁護士との“不倫報道”ya

 国民民主党の山尾志桜里衆院議員(46歳)が、国会議員に付与される「特殊乗車券」、いわゆる議員パスの不適切使用を重ねていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。



国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律に基づき、全ての国会議員に付与されている議員パス。一般的に、選挙区内の移動や公務出張の際には、新幹線、特急、指定を含むJR全線を無料で利用できる。


山尾氏が議員パスを不適切に使用していたのは、4月3日土曜日のこと。山尾氏はこの日、午後2時半頃に三鷹駅の有人改札から議員パスで入場し、吉祥寺駅を議員パスで出場。駅ビルのマッサージ店で1時間ほどの施術を受けると、再び議員パスを使って入場し、中央線から山手線に乗り換え、恵比寿駅で出場した。駅ビルで総菜を買い、近くのラーメン屋で小腹を満たすと、酒屋に立ち寄った山尾氏。その後、タクシーに乗って向かったのは、かつて不倫が「週刊文春」に報じられた倉持麟太郎弁護士の自宅だった。



山尾氏はこの日以外にも、4月10日土曜日、4月17日土曜日など週末を中心に、マッサージや買い物などプライベートを楽しむ目的で議員パスを不適切に使用していた。


4月25日、都内で山尾氏を直撃した。


――お買い物やエステに行かれるときも議員パスを使用されていることを確認しているのですが。


「ごめんなさい、全部紙でいただけますか」


――国民の血税ですので。


「全部紙でいただけますか」


改めて山尾事務所に事実関係の確認を求める質問状を送ったが、以下のように回答した。


「法規にのっとり対応しております」


政治倫理に詳しい、神戸学院大学の上脇博之教授は次のように指摘する。


「議員パスを使用できるのは公務出張などの職務の遂行に資する時のみです。マッサージや買い物、交際相手との面会など、私的に使用すべきではありません。使用に際し、疑義が生じた場合には、公人としてきちんと説明責任を尽くすべきです」



議員パスを巡っては、2009年に当時の鴻池祥肇官房副長官が愛人女性との熱海旅行に利用していたことが発覚し、官房副長官を辞任した。“議員特権”として国民からの批判も大きいだけに、山尾氏には透明性のある説明が求められる。


4月27日(火)16時配信の「週刊文春 電子版」及び4月28日(水)発売の「週刊文春」では、山尾氏の議員パス不適切使用の詳細に加えて、山尾氏と倉持氏の現在の関係、そして倉持氏の前妻・A子さんが離婚後の昨年10月自殺していた事実を報じている。


コーヒー代やガソリン代と称して議員歳費遣い込みの頃からこの女の本性は変わっていないのだと思いますよ。他人に厳しく自分に甘い旧ミンスの性根というやつが。要するに国費を流用してフリンしているわけで、これで待機児童支援や働く子育てママの味方を自称しても信用はゼロだと思う。説明責任を今度こそ果たして議員辞職することが必要だと考えます。



自ら人生に幕を引いた倉持氏の前妻がお気の毒すぎると思う。一つの家庭を破壊し、その痛ましい被害者も出しているのに議員パスを使って不倫続行とはどういう神経なのか想像もつかない。待機児童支援や働く子育てママの味方を良く自称出来たものだと思う。因果応報だから、必ずこのおぞましい不倫の代償は自らにブーメランで返ってくる思った方が良いと思う。


他人を不幸にするような人間が国会議員などやるべきではない。しかも議員特権の悪用の常習。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ