Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

出場義務違反、渋野日向子に100万円の罰金!JLPGAは、随分頭の硬い組織ですな

 今年初のメジャー大会を前に日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が会見を行った。今季好調の選手など132名が出場するなか、前回大会の優勝者、渋野日向子は米国女子ツアー出場のため欠場となっている。



これについては、JLPGAの規定どおり出場義務違反として100万円の罰金が科されることに言及。罰金についてはチャリティ活動に充てられることもあわせて発表された。


なお、渋野は6日からタイで開催される「ホンダLPGAタイランド」に出場予定となっており、6月までの海外転戦を表明している。


ルールはルール。スポンサーがあることだから仕方ないけど、海外に挑戦している選手の足を引っ張るようなルールは、逆にスポンサーさんのイメージ悪くなる気はするよね。



2015年、当時、シード権を放棄し、米国参戦した松山プロに対して、日本ゴルフツアー機構(JGTO)に100万円の制裁金を払った。


後日、JGTOは、謝罪と同時に返金した。海外での活躍を後押しする立場のJLPGは、まさしく時代に逆行している。


一方、女子ゴルフ世界ランキング(3日付)で古江彩佳は2ランクダウンの24位と後退したものの、渋野日向子が21位から25位に下がったため、東京五輪代表圏内の日本勢2番手となった。


「これで終わりではないので、安心しないでやっていきたい。まだある試合を頑張るだけ。欲は出さずに目の前のことに集中していきたい」と表情を引き締めた。



2020年夏に予定されていた東京五輪は新型コロナウイルス感染拡大の影響で1年延期となり、女子ゴルフ競技(※)は埼玉・霞ヶ関CCで8月4日に開幕する。


4月26日には国立スポーツ科学センター(東京)でメディカルチェックやウェアの採寸を行った。「(ウェアの)実物があったので、かっこいいなという憧れはあります。東京で開催されるので出たい意識はあります」と日の丸への気持ちは高まった。


前週「パナソニックレディース」では2日目を終えて首位に立っていたが、最終日に「77」をたたいて、10位と失速した。昨年11月「大王製紙エリエールレディス」以来のツアー5勝目を逃したが、「(前週と)同じような感じでやっていきたい」と視線は常に前を向く。



前日3日に1ラウンド、この日はインコースを確認した。「距離がすごく長い印象と、グリーンも速いので慎重にいきたい。予選通過して4日間戦うのが目標なので、予選通過したら上位を目指したい」。現在賞金ランキングは2位。初日は同1位の小祝さくら、同3位の稲見萌寧とともにインコースからスタートする。


出場選手は海外メジャー「全米女子プロ」(6月24~27日)終了時点の世界ランキングを元に決定される。同ランク15位以内ならば各国最大4人、それ以外は各国最大2人が出場権を得るが、開催国と各5大陸には最低1枠が保証され、計60人の出場選手が決定される。


Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ