Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

浅野拓磨に4億円要求…なぜ浅野拓磨は退団を決断した

 日本代表FW浅野拓磨(26歳)が2日に自身のLINEブログでセルビア1部パルチザンとの契約を解除したと発表した問題で、セルビアの日刊紙「ブリツ」は同日(日本時間3日)の電子版で「パルチザン側が訴訟を起こし、浅野に300万ユーロ(約4億円)を要求する」と報じた。



浅野は「度重なる給与の未払い、不誠実な対応」を理由に退団を発表。これに対して、パルチザン側は公式サイトで「根拠のない退団で、契約違反」「あらゆる法的手段を講じる」と徹底抗戦の構えを見せている。


パルチザンは浅野と2022年6月末まで契約を残しているが、経営難のため、移籍金が発生する今オフに放出する方針で、中東、中国からオファーが届いているという。



同紙は「クラブは弁護士を雇い浅野に補償として300万ユーロを要求すると言われている」と記し、「クラブは訴訟に勝つと確信しているが、法廷で少なくとも2年間かかる」と伝えた。さらに、「300万ユーロは、浅野の放出によって受け取ると計算される500万ユーロ(約6億6千万円)よりも大幅に少なくなっている」と付け加えている。


浅野は2016年夏にJ1広島からイングランド・プレミアリーグのアーセナルに完全移籍。ドイツ2部(当時)シュツットガルトやドイツ1部(当時)ハノーバーへの期限付き移籍を経て、19年夏に3年契約でパルチザンに完全移籍し、22年6月末まで契約を残していた。



今季はリーグ戦33試合に出場し、欧州1部で日本人最多となる18得点を挙げ、得点ランキング2位につける活躍していた。


移籍金当てにしてたんだろうし、こういう状況でも強気に出てるのは経営状態の酷さを逆に印象付ける事になるんじゃないだろうか。またUEFAに処分を受けることになりそうだな。


例え給与未払いがあったとしても、このタイミングでチームと争うことを承知で退団するのはリスクが高すぎる。



それでも決断したと言うことは、そうしなければ自分のキャリアが終了してしまうほど危機的な問題があったと言うこと。


まず間違いなく、望まないチームへの移籍を強制されたんだろうね。



複雑になりそうだけど、早く落ち着いて良いチームに移籍できることを願ってる。


現在はクロアチア1部のNKヴァラジュディンでプレーしている日本人DF浦田樹(24歳)が、東欧のサッカー事情について見解を語った。東欧のサッカー事情を明かし、自身も同じ被害に遭っていたことを明かした。


「僕もウクライナ時代に給料未払い、不当な契約解除などがあった。僕以外の外国人選手4人も同じ扱いだった。正直言って、話が通じないレベル」



「ヨーロッパリーグに出てるクラブでもこんな感じのことが当たり前に起こるのが東ヨーロッパ。裁判で対抗するにしてもリスクや大きな労力がかかる」


「ウクライナのクラブ zorya luhanskと契約をしていた時の給料は現金手渡し。銀行口座を作らせてもらえなかった」


「契約解除金をもらう時も日本にいるのに直接、ウクライナに来いと。給料はドルの時もあれば、ユーロの時もある。どこからでてきているのか未知なお金。それが東欧」



浦田はジェフユナイテッド千葉の下部組織出身で、U-23日本代表も経験。その後にトップチーム昇格。ブラジルのPSTCやFC琉球、ギラヴァンツ北九州などでプレーした。


2019年3月にウクライナのゾリャ・ルハンシクに加入。2020年1月に退団し、2020年8月からクロアチアのNKヴァラジュディンでプレーしている。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ