Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国製のポンコツ橋が欠陥で崩壊…観光客が孤立したpo

 中国北部の吉林省で、260メートルの高さにポンコツガラス橋が強風で崩壊した。強風程度で崩壊するのが中国の技術力だったわけだ。このせいで観光客が中央で取り残されて緊急救出される羽目になったという。



中国国営新華社通信は、ガラス底が抜けたり破損したりした橋の上で、観光客が欄干にしがみついている写真を大手SNSの微博(ウェイボー)に掲載した。


吊り橋は龍井市郊外の琵岩山文化旅遊風景区にある。地元当局の発表によると、7日午後0時45分ごろ、40メートルを超す記録的な暴風にあおられて吊り橋が破損した。


現場には救助隊が駆けつけ、午後1時20分、身動きできなくなっていた観光客を無事に橋から避難させた。



この事故による死傷者はなかった。救助された観光客は経過観察のため病院に運ばれたが、心身の状態が安定したため帰宅したという。


琵岩山文化旅遊風景区は閉鎖され、当局が吊り橋を含む風景区内の施設の徹底的な安全点検を指示した。


中国ではガラス底の吊り橋が観光名所として人気を集めている。中でも広東省にある全長526メートルの橋は、世界最長のガラス底の橋としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。



しかし今回の事故で不安を募らせ、「心配していたことが起きた。もう二度と危険なことはしない」と微博に書き込むユーザーもいた。


構造が剛構造でない、ただの吊橋、にガラスの連続床版、安全性などあるわけないだろ。作るなら、公園で風の当らない低い場所程度だろう。中国に安全性無し。


一方、中国でタンクローリーが横転して爆発し、一瞬で炎に包まれました。


雨の降るなか、タンクローリーがコントロールを失い横転し、前方を走っていたトラックに追突します。



さらに、事故の衝撃で運搬していた燃料に引火して爆発し、車はあっという間に炎に包まれました。


道路に設置された監視カメラの映像では、追突されたトラックから慌てて逃げる運転手らの様子も確認できます。


事故は中国・湖北省で6日午後に発生し、道路は煙と炎に覆われて一時、通行止めとなりました。


警察当局はこの事故によるけが人は確認されていないとしています。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ