Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

12~15歳に接種の町に脅迫も、「子どもへのワクチン接種やめろ」電話殺到 

 12~15歳への新型コロナウイルスのワクチン接種を6日に始めた京都府伊根町に7日、接種に反対する電話が殺到し、町は新型コロナワクチン接種コールセンターを終日停止した。脅迫めいた内容もあり、町は「インターネットで知り、抗議の電話をしているようだ」という。



町によると、朝から「子どもへの接種はリスクがある」「接種をやめるべき」などと問いただす電話が相次いだ。3回線あるコールセンターはパンク、町は30分後にコールセンターの電話を止めた。


電話は午後5時までに97件あり、全て町外からだった。メールは36件、ファクスは8件だった。20~30分間応対することもあり職員から「仕事にならない」との声も出た。中には「人殺し」「殺すぞ」など悪質なものもあった。町は京都府警宮津署に相談した。


接種が報道された6日午後以降、会員制交流サイト(SNS)などで、町の子どもへの接種に反対する書き込みが相次いでいた。町の電話番号を記載し、抗議の電話を促す内容も見られた。



気に食わないことがあると、すぐにクレームの電話やメールを入れる人たちがいます。不祥事を起こした場合はもちろん、少数ながら強い反対派がいる問題の場合なども、今回のようなことが起きます。しかも厄介なことに、電話してくる人たちの動機の多くは、正義感です。だから、遠慮がありません。


私たちは意見を述べる権利を持っています。しかし、「人殺し」「殺すぞ」など、誹謗中傷、脅迫に当たる表現は許されていません。また業務を妨害する権利は持っていません。


コロナを恐れる人がいます。ワクチンを恐れる人がいます。正しく恐れることは大切ですが、問題はみんな自分が正しいと思っていることです。心理学的には、過剰な不安や恐怖は誤った行動を生みます。不安や恐怖ではなく、危険性を知り、適切な行動を探りましょう。



こんな時こそ、親切で丁寧な態度をとることが、私たちの社会と人間関係を守ることにつながります。


まず子どもの声を無視し、大人が暴走したことが残念です。我が家の該当年齢の子どもはワクチン接種できるならしたいと言っています。


子どもの意見を無視することや科学的知識に基づかずワクチン接種を否定することはやめましょう。



もちろん子どもの健康状態は保護者や摂取担当医師が確認すべきですが、摂取したい子どもの意思を大人が妨害して良いという法的に合理的な理由も、感染症を予防できるという科学的エビデンスもありません。


アレルギーで接種できない、こわいから接種したくない、迷っている考えている、そうした大人子ども双方の気持ちに寄り添うことも大切にしましょう。



一方、公務員に対し「殺すぞ」などと脅迫すると、仮に業務に支障がなくとも公務執行妨害罪が成立し、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金となります。そもそものワクチンの必要性に関する疑義は置いておいても、民主的手続きを経ることなく実力でワクチン業務を妨害することは民主主義の否定です。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ