Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

渋野日向子が大坂なおみの会見拒否について私見!大坂は1万5000ドルの罰金を科され

 渋野日向子が、今週出場するメジャー大会・全米女子オープンの会場で、大坂なおみの会見拒否について「すごく難しい」と前置きしたうえで私見を述べた。



大坂はテニスのグランドスラム・全仏オープンで“会見拒否”の姿勢を打ち出し、賛否の嵐を巻き起こした。罰金1万5000ドル(約165万円)が科され、さらに今後も続けるようならグランドスラムの出場停止となる可能性も示唆されていたなか、結果的に棄権という選択をした。


その一連の状況をみて、競技こそ違えど、同じくその分野のトップを走る渋野は、「半分くらいのアスリートの皆さんは大坂なおみ選手の気持ちが分かると思う。私もどちらかというと分かるかな」と心中をおもんぱかった。さらに「取材拒否で心が楽になるのかと思いきや、色々なメディアや大会関係者などの様々な意見で心を痛めてしまったのかな」と話し、「何が正解か分からない」など慎重に言葉を選んだ。



“アスリートのメンタルヘルス”を大坂が訴え巻き起こった騒動だが、渋野自身も「調子が悪い時、自分の中だけで整理したいことをまた口に出すのは個人的にはすごくつらい部分もある」と話す。そして「自分の言ったことを正確に世間の皆さんに分かってもらうことは難しい。分かってもらえる人に分かってもらえたらいいですし、みんなに伝えるのはすごく難しいことは分かるので、特に何も思わない」という考えも示した。それでも会見などについては「やらないといけない、アスリートの使命」という意識も強い。


最終的にはうつという言葉も発した大坂をはじめ、アスリートの繊細さについては「それは人によりますしね。私みたいに全然ヘラヘラしてたり(笑)」と渋野らしい言葉で個人差を強調。自らのことが書かれた記事については、「全部ではないけど、自分の名前が出てるとやっぱり気になる。“おもしれ~な~”って思いながら(読む)」と豪快に笑った。



最近では動画やSNSで自ら情報発信するアスリートも増えている。渋野もYouTubeチャンネルを持ち、そこで大会前などに心境を語ることは多い。これについても「自分が思っていることを言えている。それを発信してもらえているのはすごくうれしいですし、動画になって自分が言っているからこそすごくいい」と話した。


ゴルフの帝王ニクラスが大坂なおみの言動に私見


ゴルフ界の“帝王”として君臨するニクラスは、自身が大会ホストを務めるPGAツアー「メモリアルトーナメント」開幕前、騒動について「正直言って詳しく知らない」という前提で、「ここで話すことを誰も拒否しないよう望んでいる」と、ゴルファーに決められた取材への対応を促した。



現役時代に故アーノルド・パーマーらとゴルフ界の注目を浴び続けたニクラスは、報道と向き合う自身の姿勢について「プレスへの私の視点は、『あなた方(記者)にはやるべき仕事がある』というものだった。できるだけ正直で、素直であろうとした。できる限りの範囲で答えようとベストを尽くした。時には黙っておくべきだったときもあったはず」と明かした。


報道陣に対し「私はあなた方を平等に扱い、あなた方も私を公平に扱ってくれた」と振り返り、「中には(悪いことを考える)ヘビがいるのかもしれないが、ひとつのリンゴが悪いからといって、すべてを非難することはできない」と、取材をシャットアウトすることへの正当性については疑問も呈した。



一方、大坂は棄権した5月31日、鬱に苦しんできたことを自身のSNSで明かしており、ニクラスは「彼女が不安を抱えていて、悩まされているのであれば、あなた方は彼女に負担のないよう必要なことをさせてあげるべきだと思う」と擁護した。「ゴルフにとって大きな問題だとは思わない。彼女は気の毒だと思うし、助けが必要であれば、それがかなうことを願っている」とエールを送った。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ