Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

エリクセンが試合中に倒れる…専門医は「キャリアを終えるかも」er

 デンマーク代表の司令塔であるMFクリスティアン・エリクセンは、現地時間12日に行われたユーロ2020(欧州選手権)・グループリーグB組第1節のフィンランド代表戦で突然ピッチに倒れ、心臓マッサージなどを受ける緊急事態となった。幸い一命を取り留めたが、今後プレーを再開できない可能性も懸念されている。



43分、クリスティアン・エリクセンがスローインのボールを受けにいくと、足元がおぼつかず、そのままピッチへと力なく倒れ込む事態に。突然の出来事に一瞬時が止まったが、すぐに選手たちが気が付き、エリクセンの下へ。ドクターも呼ばれる緊急事態となった。


スタンドの観客も騒然とする中、10分以上の治療がピッチ上で行われ、心臓マッサージなどが施された、その後ストレッチャーで運び出されたエリクセン。


緊急搬送された病院では状態が安定し、最悪の結末は免れ、安堵が走っている。



エリクセンは病院へ救急搬送され、試合は中断。エリクセンが意識を取り戻し、容体が安定したとの情報が入ると、中断からおよそ1時間50分後に試合は再開された。


その後欧州サッカー連盟(UEFA)やデンマークサッカー協会(DBU)が発表したところによれば、エリクセンは精密検査を受けたとのこと。容態は安定していると伝えられている。


エリクセンが所属するインテルのジュゼッペ・マロッタCEOは、意識を取り戻したエリクセン本人からチームメートたちにチャットアプリでのメッセージが届いたことも報告。また、エリクセンが倒れたことは新型コロナウイルスとは無関係だという見解もイタリア『RAI』に語っている。


一方でロンドン・セントジョージズ大学の心臓専門医サンジャイ・シャーマ氏は、エリクセンがプレーを再開できるかどうかは分からないという考えを述べた。同氏はエリクセンがトッテナムに所属していた際の担当医でもあったという。


「彼の命が助かったのは嬉しいが、残念なのは彼がキャリアを終えるかもしれないことだ。彼が再びプロの舞台でサッカーをできるかどうかは何とも言えない。英国ではプレーできないだろう。我々はその点で非常に厳格だ」とシャーマ氏は語り、少なくとも英国内の規定ではプレー再開が認められない可能性が高いという見通しを示している。


シャーマ医師は「彼がピッチに倒れる姿を見て、我々が何か見落としていたのだろうか? と思った。だが(エリクセンがトットナムに加入した2013年以降の)検査結果を見ても、すべて完璧だった。毎年、彼の検査を行ってきたが、19年までの検査結果はまったくのノーマルで、心臓の問題はなかった」と話した。


またボルトンなどでプレーし、自身も12年のFA杯の試合中に心停止でピッチに倒れた経験を持つファブリス・ムアンバ氏(33)は英BBCの取材に対し「(エリクセンが倒れるのを見て)とても恐ろしかった。だがメディカルスタッフは素晴らしい仕事をしたと思う。チームメートが彼を守ろうと集まってきたのも素晴らしかった。エリクセンがこの状況を切り抜けられることを願っています」と話した。


デンマーク代表主将シモン・ケアーの数々の行動


1年越しに開催され、ファンもスタンドで見守った中で起こった悲劇。しかし、この緊急事態でケアーが見せた行動が称賛されている。


最も称賛されているのが、ケアーの最初の行動。エリクセンが倒れた中、気がついた味方が駆け寄る中、ケアーは遅れてきたものの、即座に気道確保の行動に。首を固定し、気を失ったエリクセンが舌を飲み込まないようにした。この行動が、エリクセンの命を救ったとも言われている。


さらに、その後はCPR(Cardio Pulmonary Resuscitation)という心肺蘇生ができる体勢にエリクセンを置き、ドクターが来てすぐ処置に移せるようにしており、この的確な対応に多くの称賛の声が集まった。


キャプテンとしてチームを牽引するケアーだが、さらに素晴らしい対応を見せる。


心肺蘇生が始まると、今度は現場でこの事態を見ており、ショックを受けているエリクセンの妻であるサブリナさんのケアに。カスパー・シュマイケルとともに、ピッチサイドのサブリナさんの下へと行き、落ち着くように声を掛けていた。エリクセンは専門家のドクターの処置に任せ、家族のメンタルケアにまで動いていたのだ。


極め付けはチームメイトに声を掛け、治療を受けるエリクセンの前に壁を作ったこと。ショックが大きいことはケアーも同じだったが、キャプテン以上に1人の人間としての素晴らしい行動は、エリクセンを最悪の事態に招かなかったことに大きく貢献したはずだ。


インテルでエリクセンのチーメイトでもあるイタリア代表MFニコロ・バレッラも自身のインスタグラムのストーリーズで「真のキャプテンであり、本物の男」と称賛。その他、ジャーナリストらも「エリクセンの命を救うことができた」など、SNSを通じて、ケアーの行動を褒め称えた。


サッカー界がデンマーク至宝の回復祈る


処置の間は、この様子を、デンマークの選手たちが取り囲んで人垣で隠し、プライバシーを守った。


緊急事態にピッチまで降りてきたエリクセンの妻サブリナさんを、ケアーとシュマイケルが抱き留めて、フォロー。


ガゼッタ・デロ・スポルトによると、インテルとミラン、同じミラノで暮らすエリクセンとケアーは家族ぐるみの付き合いだという。


担架に乗せられたエリクセンは、フィンランドサポーターが渡したとみられる、フィンランド国旗でガードされるようにしていた。


中断中、誰もいないピッチに向け、スタジアムの両チームのサポーターが呼応するように、「クリスティアン」「エリクセン」と声を合わせてエールを送った。


直後の試合では、インテルの同僚のベルギーFWロメロ・ルカクが、ロシア戦でのゴール後にカメラに向かい「クリス、クリス! 強くいてくれ。愛してるよ」と叫んだ。


デンマークの至宝に対し、所属のインテルは「フォルツア クリス」と、かつて所属したトットナムも「全てのスパーズファミリーが君とともにいる」などとツイート。


同じ欧州選手権に出場しているドイツ代表は「エリクセン、我々はあなたとともにある」と、エリクセンの姿が映った大画面の前で、レーウ監督ら、代表チーム全員の集合写真を撮ってアップした。


欧州の多くのクラブが、エリクセンへのメッセージを発するなど、サッカー界は、エリクセンとともにある。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ