Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

G7首脳宣言に史上初「台湾」明記…中国への対抗姿勢鮮明 

 様々な話題を呼んだG7が閉幕となったが、共同首脳宣言に”台湾海峡”の文言が盛り込まれたことが分かった。人権分野でも中国名指しで問題点を指摘するなど、中国を一方的に包囲する民主主義国家の結束力を示せたと言える。



英国コーンウォールで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は13日、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」などを盛り込んだ首脳宣言を採択して閉幕した。人権などの分野でも権威主義的な姿勢を強める中国の問題点を指摘。G7を中心に「民主主義国家」が一致して対抗する姿勢を明確にした。


日本の外務省によると、G7首脳宣言に「台湾海峡の平和と安定の重要性」が盛り込まれたのは初めて。


バイデン米大統領は閉幕後の会見で、前回のサミットで言及のなかった中国の人権侵害が明確に指摘されたことなどを評価。「満足している」と述べた。専制主義国家と民主主義国家の競争の渦中にいるとの認識を示し、民主主義の価値を示していく覚悟も語った。



宣言では、中国が海洋進出を強める東シナ海と南シナ海の現状についても「深刻な懸念」を示し、「緊張を高める、いかなる一方的な試みにも強く反対する」と名指しは避けながらも中国を強く牽制(けんせい)した。


また、ルールに基づいた国際社会を維持することの重要性を強調。中国に対し、新疆ウイグル自治区や香港において人権と自由を尊重するよう求めた。



また、覇権主義的な行動を強める中国への対応が最大の焦点でしたが、首脳宣言では、幅広い分野で中国への対抗姿勢を鮮明にしました。



中国が世界で展開する経済活動について、「公正で透明性のある運営を損なっている」と批判し、中国が進める巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗するため、途上国へのインフラ整備支援で連携する新たな構想を立ち上げることが盛り込まれました。


これに加え、中国によるワクチン外交に対抗すべく、世界各国に新型コロナウイルスのワクチン10億回分を、1年以内に提供することも約束しています。


新型ウイルスの起源について、WHO(=世界保健機関)による科学的で透明性のある再調査を求めることも盛り込まれました。


中国の人権問題については、新疆ウイグル自治区や香港などにおいて、「人権の尊重を求める」としましたが、「深い懸念」を表明した先月のG7外相会合での声明に比べ、批判のトーンが弱まっています。



慎重な対応を求めるイタリアやドイツの意見にも配慮したものとみられます。


一方、東京オリンピック・パラリンピックについては、「新型コロナウイルスの克服と世界的な団結の象徴として、安全に開催することへの支持」が盛り込まれました。


菅総理「東京大会をなんとしても成功させなければならない。そういう決意を新たにしました」



日本政府関係者は、東京オリンピックの書きぶりについて、「満額だ」と話していて、G7の支持をテコに、開催への機運を盛り上げたい考えです。


「アメリカ第一主義」のトランプ政権時には不和が目立ったG7ですが、協調路線のバイデン大統領にかわり、「対中国」などで結束をアピールできたようです。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ