Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ココイチで「バイトテロ」、不衛生行為をSNSで限定公開!「なんしてるんですか? は?」

 再び目立つようになった「バイトテロ」が、今度は「カレーハウス CoCo 壱番屋」で発覚した。



店の休憩室で、アルバイトの男性がカレーに「不適切行為」をしたものだ。運営会社の壱番屋は2021年6月14日、「お客様にご不快、ご不安な思いをさせた」として公式サイトで謝罪した。


■男性店員が、左手で股間に手を入れ、カレーに振りかける


黒いTシャツと黄色い半ズボンをした若い男性店員が、左手で股間に手を入れた。


「なんしてるんですか? は?」。また手を入れると、別の店員がこう声をかける。


すると、男性は、その左手で食べかけのカレーの上に何かをばらまいた。別の店員は、「うわー!」と声を上げるが、男性は、「スパイスを振りかけました」とつぶやく。カメラがカレーに近づくと、男性の陰毛らしきものがライスの上に乗っていた。



別の店員は、「この人...」と呆気に取られるが、男性は、その場で踊り始め、右隅にいた3人目の店員は、あきれた様子で顔を両手で押さえていた。


この15秒ほどの動画は、インスタグラムに投稿され、6月13日には、ツイッターで転載されるなどして騒ぎになった。


ドミノ・ピザでバイト店員がシェイクをなめる動画投稿が話題になっただけに、「またバイトテロ...」「汚い!ほんと嫌!」「なんでこういうことするんだろう?」といった声が相次いでいる。



壱番屋の経営企画室は14日、J-CASTニュースの取材に対し、福岡県内にあるフランチャイズ加盟店で12日夕に実際にあったことだと認めた。


今回も鍵付きインスタに投稿し、「仲間うちだけで見るつもりだった」


それによると、バイトの男性店員が店の休憩室で、客に提供するのと同じまかないのカレーを食べていると、動画の男性が、カレーに対して「不適切な動作」を行った。



同社では、この行為は、いじめではなく、お互いに面白がっていた単なる悪ふざけだと説明した。動画の最後に顔を両手で覆った男性は、また別の店員だという。


動画は、食事をしていた男性がスマートフォンのカメラで撮り、行為があった直後に、自らのインスタに投稿していた。インスタは、鍵付きのアカウントで、24時間で消える「ストーリー」に動画をアップしたため、仲間うちだけで見るつもりだったという。


それがなぜネット上で流出したのかは不明だというが、12日の深夜には拡散が始まり、それに気づいた別の店から本部に通報があったそうだ。


壱番屋は14日昼過ぎ、「店舗従業員による不適切な行為とお詫びについて」のタイトルでお知らせを出した。「従業員による不適切な SNS 投稿があったことが発覚いたしました」と報告し、「このような、店舗内の休憩室での不衛生で不適切な行為によって、お客様に大変ご不快でご不安な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。


発覚当日に店の営業を停止し、再発防止に向けた指導を行うとともに、店における衛生管理の確認や清掃などを行い、翌日から営業を再開したという。


バイト店員2人については、「事実関係を認め、素直に反省しておりますが、弊社といたしましては規程に則って厳正な対応を行う所存」だとしている。



子供若者は、面白さに大きな価値を置きます。ただし、共感して笑てくれるのは仲間内だけです。ネット以前の社会なら、仲間同士で笑ってすんでいたのでしょうが、ネットを通して拡散すれば大問題です。


もちろん、ネットで拡散させなくても、こんな行為は大問題です。では、どうすれば良いでしょうか。まず考えられるのは、処罰や規制の強化です。「厳正な対応」は、再発の防止のためにも、店舗のイメージ回復のためのアピールためにもなるでしょう。それは必要な対応です。子供若者の規範意識は低下しています。


ただし、罰や規制強化だけでは、問題は解決しません。根本的には、バイトも含めた働く人の意識の向上でしょう。それは、規制強化からだけでは改善されません。



店を愛し、客を愛し、仕事への厳しさと誇りを持つこと。気の長い話かもしれんせんが、やはり大切なのは教育です。店舗も学校も社会全体で、教育していくことが必要でしょう。


問題点は2つです。


ひとつは、インターネットに公開した時点で秘密の動画とはならないことです。過去の炎上事例にも、鍵アカウントやストーリーに投稿されたものが多数あります。


自分とその友達しか見ないと考えているのでしょうが、友達がほかの友達に見せることもあります。ネットにアップした時点で自分から拡散しているようなものです。


もうひとつは、「仲間うち」にしか見せられない動画を撮ったことです。「世間にバレるとヤバイ」と考えるようなことをそもそもしてはいけません。それは「仲間から見てもヤバイ」ことです。



面白いか、面白くないかではなく、人としてどうかで行動をして欲しいものです。


店員が洗浄機に入った写真をアップして炎上した蕎麦屋のバイトテロ事例では、蕎麦屋は「倒産」し、店員への「損害賠償請求裁判」にまで発展しました。そこまでいかなくても、一度した失敗はネットに残り続け、進学や結婚に影響を与えている事例も少なくありません。


バイトテロは2013年頃から増えましたが、「鍵アカウント」「ストーリーズ」であったとしても、別の人によってTwitterやYouTubeにアップされて炎上するケースは後を絶ちません。


このような行為をしてはいけないのはもちろんですが、ネットにアップロードした時点で「身内向け」はあり得ないことを忘れないことが重要です。



元々、問題ある投稿は一定数ありますが、すべてが炎上するわけではありません。それがさらしものにされたり、記事化されたりすることで炎上するかどうかが決まります。


今回、鍵をかけたアカウントでの投稿から流出したのでも分かる通り、すべてのフォロワーが味方をしたり、好意的に見てくれるわけではありません。


バイトテロ行為は続く傾向にあります。このような報道でどのような投稿が問題か、炎上するのかを学んだユーザーが、正義感などからあえて炎上させているのです。今後もしばらく続くと考えられます。


しかし多くの若者は、このような記事を読んでいないため、どういう投稿が問題か、どうすれば炎上するのかを知らない状態です。周囲の大人は、この機会にしっかり教えてあげてほしいと思います。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ