Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国、「米国は病気」と非難…対米関係を放棄しておりtm

 中国外務省の趙立堅副報道局長は15日の記者会見で、先進7カ国首脳会議(G7サミット)で対中包囲網形成を進めたバイデン米政権を「米国は病気だ。病は軽くない」と異例の表現で非難した。



「G7は米国の脈をとり、処方箋を書いてあげたらいい」とも述べた。


中国は14日まで3連休だったため、G7サミット後の外務省報道官会見は初めて。趙氏は、新疆ウイグル自治区や香港の人権問題、「台湾海峡の平和と安定の重要性」などを指摘したG7首脳宣言について、内政干渉だと反発した上で「強烈な不満と断固とした反対」を表明した。さらに「一国や一つの国家集団が天下に号令をかける時代は既に過ぎ去った」と主張した。


バイデン大統領が参加した14日の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議も、中国を国際秩序への「挑戦」と位置付けた。趙氏はNATOを「小さなサークル」とこき下ろし、「陣営間でどちらを選ぶか他国に強要するのは、平和的発展・協力という歴史の潮流に背く」と批判した。




この外交部報道官、趙立堅は習近平を意識しながら発言しています。外交は本来、他国との違いを交渉によってすり合わせするのが仕事ですが、この発言から読み取れるのは、中国の外交部門がもはや対米関係を放棄しており、幹部は自分の昇進しか考慮していないということです。習近平の周りがおべっか使いばかりになり、入るべき情報が入らず、届くべき進言が届いていない可能性が高い。歯止めが効かなければ、彼は今後も部分的情報に基づき、「ダメな米国」から世界を救世するつもりでどんどんひとりよがりな決定を下していく恐れがあります。


これは全体主義がはまりやすい問題で、これまで中国は党内の制度を整えることでそれをどうにか回避してきたのですが、習近平独裁化の政治潮流が過去の努力を押し流してしまったようです。



中国が孤立したのは自業自得のような気がするが、それを自覚していない以上、中国と先進国の対立は続くのは確実で、日本も中国の挑発に十分に備えておいた方が良いと思います。それにしても、仮に新型コロナウイルスが中国の開発していたバイオ兵器だという可能性が高くなった時、このウイルスで被害を受けていない国は東西に関わらずないので、本当に中国は孤立するかもしれません。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ