Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本が強豪メキシコ撃破、2連勝で決勝T進出に王手!それも久保建英と堂安律が得点を記録しており

 東京オリンピック男子サッカー競技一次ラウンド・グループA第2節が25日に行われ、U-24日本代表とU-24メキシコ代表が対戦した。



ともに白星スタートとなったチーム同士の対戦。日本は1-0で勝利したU-24南アフリカ代表戦から1枚のスタメン変更にとどめ、三好康児に代わって相馬勇紀が先発に名を連ねた。一方、メキシコは4-1で勝利したU-24フランス代表戦と同じ先発11人で試合に臨んだ。


日本は6分に幸先よく先制する。酒井宏樹が右サイド前方のスペースにスルーパスを通すと、反応した堂安律はマイナス方向にグラウンダーで折り返す。最後は飛び込んだ久保建英が左足で合わせて押し込んだ。久保はオリンピックで2試合連続得点を挙げた史上3人目の日本代表選手となり、5分55秒での得点は日本代表の五輪史上最速ゴールとなった。



すると11分、相馬勇紀がペナルティエリア内で倒され、主審のオンフィールドレビューによって日本がPKを獲得。キッカーを担当した堂安律は真ん中に突き刺し、日本が早々にリードを広げる。


メキシコは17分、左からのクロスを収めたエンリ・マルティンが振り向きざまにシュートを放つが、GK谷晃生に正面でキャッチされる。30分にはセバスティアン・コルドバがペナルティエリアの手前から左足でゴール左上を狙うが、枠を捉えられない。日本は集中した守りでメキシコの反撃を封じ、2-0のリードで折り返した。



後半に入って耐える時間が続く日本は、63分に連係ミスから危ない場面を迎える。相手のロングボールを中山雄太が弾き返すと、相手に当たってゴール前にこぼれる。このボールの処理を板倉滉が躊躇していると、後ろから相手に奪われかけたが、オフサイドの判定で難を逃れた。


メキシコは68分、ペナルティエリアの手前で堂安を倒したホハン・バスケスが一発レッドカードで退場。日本は数的有利で残り時間を戦うことになった。


86分に日本は1点を返される。メキシコは右サイドの深い位置でフリーキックを獲得すると、キッカーのロベルト・アルバルドは左足でゴールに向かうボールを供給。そのまま中央を通過したボールに谷は反応しきれず、ボールはゴール左下に吸い込まれた。



1点を追うメキシコは猛攻を仕掛ける。後半アディショナルタイム3分にはフリーキックからチャンスを迎えるが、ヘディングシュートは谷の好セーブに阻まれた。


日本は逃げ切りに成功して2-1で勝利。2連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。次節は28日に行われ、日本はフランスと、メキシコは南アフリカと対戦する。


素晴らしい勝利。早い時間帯に先制できたことが大きかったですが、基本的な攻守の切り替えや攻守両面に強度を出すところなど、しっかりとやり続けた結果としての勝利だったと思います。



前からの守備と最終ラインのコンパクトさで相手に思うようにプレイをさせなかった。そのためメキシコはサイドの個人技勝負してきたと思うが、サイドバックとサイドハーフでしっかり守備できてた。ボランチのバランスも素晴らしかった。しいてあげるなら、相手が退場してからのゲーム運びを攻め急がずじっくり展開する事もしてもよかった。とにかく次の試合のフランスも調子をあげてきてるから頑張ってほしい。選手を変えていかないとその先が大変だろうからメンバーをどうするのかも楽しみ。


失点は少しミス絡みでしたが、谷晃生が最後にビッグセーブで勝利を守れたこともチームには良い流れだと思います。3試合目、フランスに1点差負けまでなら2位以上での突破は決まると思いますが、もちろん勝利を狙って力強く準々決勝に進んでもらいたいと思います。


このグループで、最も難敵だと思われたのがメキシコです。そのメキシコに勝ったのは、非常に大きいと思います。


それも久保建英と堂安律が得点を記録しており、「役者」が仕事をしての勝ち点3ですから、とても価値があります。



久保は2020-21シーズン、ビジャレアルとヘタフェで思うように出場機会を得られませんでしたが、その鬱憤を晴らすかのように、オリンピックで2戦連発と爆発しています。


何より、久保と堂安のコンビネーションが良い。久保には、ピッチ内で理解し合える、フィーリングが合う選手が必要なのだと改めて感じさせる大会になっています。さながら、メッシとネイマールがバルサで互いを高め合ったように。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ