Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

尊敬する松井秀喜超え!日本人最多の32号は132メートル弾hio

 エンゼルス-レッドソックス(7月7日・日本時間8日、アナハイム/エンゼル・スタジアム)



「2番・DH」で先発出場していたエンゼルスの大谷翔平投手が5回無死から、32号ソロを放ち、メジャーでの日本人シーズン最多本塁打記録を更新した。2004年に松井秀喜(ヤンキース)が記録した31本と並んでいたが、3試合ぶりとなる一発でついに更新。シーズン86試合目での快挙で、年間では60.3本ペースと量産態勢を築いている。


各チームから内角攻め、チャンスとなれば敬遠など、日増しにマークがきつくなる大谷だが、一時は“7安打連続本塁打”とヒットが出ればホームランという、驚異的なペースで打ちまくった。今季はメジャーでも屈指の打球速度が話題にもなり、相手投手の速球にも負けないフルスイングで最長では470フィート(約143.3メートル)も飛ばした。ホームラン王争いでは、2位のゲレロJr.(ブルージェイズ=28本)に4本差をつけ独走状態。打点でも上位争いに加わっており、打撃二冠の可能性も出てきている。



シーズンの約半分となる86試合目での32本は、162試合に換算すれば60.3本。シーズン60本に到達すれば、2001年のボンズ(ジャイアンツ=73本)、ソーサ(カブス=64本)以来20年ぶり、メジャーでも史上6人目の記録となる。なお、日米通じての日本人選手のシーズン最多本塁打は、1964年の王貞治(巨人)の55本。大谷はこれからどこまで偉大なレジェンドたちの記録に迫れるか。


昨日、投手として7回まで投げた疲れを全く感じさせない見事なホームランでした。



ホームランか三振かという打者は今まではマイナスのイメージがありましたが、投手としても出場していることを考えると、むしろ大谷選手にとってはこのスタイルがプラスになっているようにも思います。


また、野球をしているジュニア世代にとっても三振を恐れずにフルスイングすることが悪いことではないということを証明しているという意味でも好影響を与えているのではないでしょうか。



今後も三振を恐れずにホームランを狙うスタイルを貫いて、更に本数を伸ばしてくれることを期待したいですね。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ