Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

0-1敗北の屈辱!韓国がまさかの黒星スタート! 韓国は五輪8強で日本と対戦する気満々?

 五輪で史上初の金メダル奪取を目論む韓国が、まさかの黒星発進だ。



東京五輪サッカー男子は22日に1次リーグ初戦を迎え、B組のU―24韓国代表がU―24ニュージーランド代表と対戦。


木曜日にカシマスタジアムで開催された東京五輪・男子サッカーのグループリーグ第1戦。韓国はイ・ガンイン、ファン・ウィジョらフルメンバーでスタメンを構成したが、グループでもっとも力が劣ると見られていたニュージーランドの堅牢をなかなか崩せず、0-0のまま終盤戦に突入する。

 


そして迎えた70分、均衡を破ったのはニュージーランドだった。味方が放ったシュートのこぼれ球に鋭く反応したFWクリス・ウッドが、きっちりゴールに流し込んだ。ニュージーランドは国民的英雄でオーバーエイジ枠のエースが決めた虎の子の1点を守り抜き、なんとそのまま逃げ切りに成功したのである。


後半25分、オーバーエイジ(OA枠)として参加しているFWクリス・ウッドに決勝ゴールを許し、0―1で黒星発進した。韓国メディアのスポーツソウル(日本語版)では「衝撃負けの韓国、メダル戦線に赤信号」と危機感を持って報じた。



韓国はMFイ・ガンイン(バレンシア)やOA枠として参加した28歳FWファン・ウィジョ(ボルドー)らが先発。前半からボールを支配するも無得点のまま後半へ入ると、同25分に失点。MFベルのシュートのこぼれ球に反応したFWウッドに決められ重い1点。一旦はオフサイド判定に助けられたかと思ったが、VARによって判定が覆り、先制点が認められた。


試合はその後もボールを支配しながら最後まで決め手を欠き試合終了。枠内シュートわずか1本のみ相手に不覚。スポーツソウルは「守備の弱点を露呈。たった一度のチャンスを最も警戒していたFWに決められてしまった」と報道。プレミアリーグで4シーズン連続二桁得点を記録していたウッドを「恐るべきFW」とした。



韓国はグループBでルーマニア、ホンジュラス、ニュージーランドと同居。続く第2戦(7月25日)のルーマニア戦は背水の陣で臨むことになりそうだ。


韓国は今後、U―24ルーマニア代表(25日・カシマ)、U―24ホンジュラス代表(28日・横浜国際)との対戦が控えているため、同メディアは「守備の不安を払拭しなければ、1次リーグ通過は難しい」と伝えた。



マズいですね…次の試合からは荒れますよ…テコンサッカーが始まります。ラフプレーが多発しますので、相手チームの選手が怪我もなく無事に終わるよう心から祈ってます。


一方、韓国は五輪8強で日本と対戦する気満々?


東京五輪に出場するU-24日本代表は17日、国際親善試合でU-24スペイン代表と対戦。試合は強豪相手に1-1の引き分けで終えた。韓国メディアは「無敵艦隊と対等な試合を繰り広げた」と伝えている。


韓国紙「朝鮮日報」は、「日本はスペインと直面しても陥落しないパフォーマンスを示した」「日本が無敵艦隊スペインと対等な試合を繰り広げた」と、日本がスペイン相手に健闘したことを速報。また、韓国メディア「マイデイリー」は、本大会のグループリーグの勝ち上がりについて言及している。


「スペインは(マルコ・)アセンシオ、(ダニ・)セバージョス、ペドリら精鋭メンバーが出場したが、日本と引き分けだった。五輪開催国の日本は、グループAに入っている。もし(グループBの)韓国と日本がそれぞれグループリーグを突破したら、両者は準々決勝で対戦する可能性が高い」


日本が強豪スペイン相手に渡り合った戦いぶりは、韓国メディアにもインパクトを残したようだ。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ