Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

選手村すっかり凹んでしまった段ボールベッド…悪ふざけして壊しているようにしか見えないですbia

 200キロまで重さに耐えられるという東京五輪選手村のダンボールベッドが力なく崩れた。



ニュージーランド代表チームの公式SNSには21日、ボート選手のショーン・カーカムがベッドのすみにどかっと座ると、ダンボールでできたベッドが潰れる場面が盛り込まれた動画が掲載された。カーカムとチームメイトのマイケル・ブレークは、この姿を見て荒唐無稽さに笑いをこらえることができなかった。


東京五輪組織委員会はダンボールのベッドが約200キロの荷重に耐えられ、リサイクルができるため環境にやさしいと自慢した。しかし、五輪が始まってもいないのに、いたるところから選手村への不満が殺到している。



ドイツの柔道代表エドゥアルド・トリッペルは20日、自身のSNSでダンボールベッドの写真を掲載し、“素晴らしいベッド”と皮肉った。ドイツの卓球代表のパトリック・フランツィスカも宿舎内部の様子をSNSに撮って掲載し、不思議そうな顔をした。


これに先立ち、米国陸上代表のポール・チェリモは自身のSNSに「誰かが私のベッドに小便をしたら、ダンボールが濡れてベッドから落ちるだろう」とし、「私のベッドが崩れることに備え、床で寝る練習をしなければ」と冷ややかな反応を見せた。



荒唐無稽なのはこれだけではない。日本の共同通信によると22日、東京五輪組織委員会の高谷正哲報道官は「適切な時点で注文があれば、組織委員会が(注文の品を)提供する責務があり、当然行っている」とし、「基本的に冷蔵庫、テレビは有償貸与対象」と明らかにした。


これに先立ち、五輪に数回参加したロシアのフェンシング代表チームのマメドフ監督は「選手村の部屋にテレビもなく冷蔵庫もない」とし、「中世時代の日本なのか」と愚痴をこぼした。


しかし、組織委員会のスポークスマンは「ロシア代表チームから特別な要請はなかった」とし、「今後の要請があれば可能な限り柔軟に対応する」と責任を回避した。



ロシアオリンピック委員会・ポズドニャコフ会長:「冷蔵庫がないのは選手がお腹を壊さないための配慮だ」


ポズドニャコフ会長は22日、一部のロシア選手から上がっている選手村の部屋に冷蔵庫がないという不満について、「部屋で物を食べると食中毒の危険があるので冷蔵庫は必要ない」と述べました。


そのうえで、冷蔵庫が設置されていないのは選手の体調を気遣う大会組織委員会の配慮だとの認識を示しました。



選手村をひときわ酷評しているロシアチームの姿勢は波紋を広げていて、ポズドニャコフ会長としては、事態の鎮静化を図りたいものとみられます。


選手村をめぐる議論は、ここでは終わらない。今度は特恵論争まで浮き彫りになった。選手村を作っておいて、日本の選手たちは選手村にとどまらないという報道が出たのだ。


実際にパク・ジュボン監督率いる日本のバドミントン代表チームは、競技場近くのホテルに泊まるという。卓球、柔道、レスリングの代表選手らもナショナルトレーニングセンター(NTC)や外部の宿泊施設に滞在している。スポーツクライミングチームも普段練習キャンプとして使う東京施設を基地として使う。



共同通信は「選手たちの移動負担を減らし、慣れた練習施設を使うため」とし、「国内で五輪を開催する地理的利点を最大限活用する計画」と明らかにした。


しかし、このような不公平な日本代表チームの対応に対して、自国内でも批判が出ている。日本の有名作家で学者の島薗進教授は21日、共同通信の記事を共有して「公正ではなく、狡猾だ。信義に背く行動だ」と指摘した。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ