Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

「クレイジーだ」中国メディアが伊藤美誠の“ラブゲーム未遂”を批判…「反則だ」ito

 7月28日に行なわれた東京五輪の卓球競技女子シングルス準々決勝で、日本の伊藤美誠はチョン・ジヒと激突。韓国のエースを相手に力の差を見せつけ、ゲームカウント4-0とストレート勝ちを収めた。



この日の伊藤は絶好調で、試合の主導権を終始握り続けたが、とりわけ圧巻だったのは第2ゲーム。開始から10連続ポイントを奪うと、そのまま相手を0に封じて勝利すべく、続くプレーでは強烈なバックハンドをお見舞い。これは惜しくもアウトとなるも、11-1と難敵をほぼ完璧に抑え込んでみせた。


卓球では“ラブゲーム”、つまり相手を0ポイントに封じてセットを取ることは、礼節を欠く行為としてマナー違反とされている。前述した伊藤の第2ゲームも未遂にはなったものの、11-0を狙った伊藤はこれに則れば“マナー違反”となるわけだが、彼女をバッシングする日本のファンは皆無に近く、むしろ常に全力プレーを貫く姿に好感を持った人が大半だった。



しかし、この伊藤のプレーにかみついたのが、卓球を国技とする中国。同国のスポーツメディア『網易体育』は「クレイジー!伊藤が韓国のエースを叩きのめし不遜な発言『これが私のスタイル』」と見出しを打ち、10-0の状況でも全力でポイントを取りに行ったことについて批判。さらに「伊藤が6分の間容赦なく攻撃し続け、11-1。人間らしさがまったくない」とまで書き連ねた。


卓球が国技だからこそ、伝統を重んじているのだろう。ただ一方で、真剣勝負のさなかに手を抜き、相手にわざとポイントを与えることの方が敬意を欠くプレーだという意見が聞こえてくるのも事実だ。卓球というスポーツが日々進化するなかで、中国と日本の”常識”に、いささか違いが生まれているのかもしれない。



わざと相手に点を与えることこそ礼節を欠く行為だとして私は何年来批判してきた。2019年1月にその意見が中国のスポーツメディア『新浪体育』に取り上げられ大論争に発展した。意外にもそこでのユーザーの大半が私を指示するものだった。その3ヶ月後の世界選手権で、中国卓球協会会長の劉国梁氏が「いかなるときも全力を尽くすこと」を選手に指示し、劉詩ブンが女子シングルス準決勝と決勝の二試合続けて11-0を敢行した。劉詩ブンは試合後に「これが相手とゲームを尊重することです」と語った。これ以降、わざとミスをする奇習は卓球界から消えた。完封回避マナーはもはや存在していない。今回『網易体育』が伊藤を本気で批判しているのか、ある種の刺激的な賞賛表現なのかわからないが、本気だとすれば、そのまま劉詩ブンにも向けられなくてはならない。さもなくば単に耳目を集めたかっただけだろう。メディアは話題になれば「勝ち」なのだろうから。


一方、卓球王国・中国に衝撃走る。水谷・伊藤ペア金メダルに賛否「尊敬すべき相手」「反則だ」



これまでオリンピックで28個の金メダルを獲得するなど、この競技を独壇場としてきた中国では衝撃が走っている。


中国からは許キン(きょ・きん)・劉詩ブン(りゅう・しぶん)組が決勝に臨むと、SNS・ウェイボーではトレンドのトップを占めた。ゲームカウント4-3で日本の水谷・伊藤ペアが中国を下すと、話題はさらに沸騰した。



敗れた中国ペアに「大丈夫だ、あなたたちは私たちの英雄だ」などと励ます声が多く見られた。一方で、今大会では感染対策のため禁じられている、ボールに息を吹きかける行為を水谷選手が行なったとして、試合結果に異議を申し立てるハッシュタグもトレンド入り。拡散された投稿には、4万近いコメントが付けられている。


一方でこの中にも、「実際、試合自体は素晴らしかった」「最終セットはあれだけ点差が離れていた。勝ち負けには関係ない」などと指摘する声も見られた。また、ポータルサイト「新浪」は「尊敬すべき対戦相手。日本チームおめでとう」と祝福した。



中国メディアもこぞってこの結果を報道している。中国新聞網は、今大会から実施競技に加わった混合ダブルスは中国が「戦略的に放棄」していた分野だったと指摘。「最も獲得しづらい金だった」としたうえで、中国勢が圧倒的だった卓球において、日本勢が東京大会を契機に組み込んだ「突破口」だったと分析した。


そして、「日本側が混合ダブルスを大会実施競技に積極的に推薦した時点で、今回の日中対決のシナリオは書きあがっていたのかもしれない」とした。


また毎日経済新聞は日本チームについて「ここ数年の成長はめざましく、今大会ではホームの利も得て、各試合で中国勢の脅威となるだけの能力を備える」と分析した。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ