Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

「恥を知れ!」韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!ルーマニアの選手に対する非礼だko

 U-24韓国代表は25日、東京五輪のグループリーグ第2戦でルーマニアと対戦し、4-0で勝利。得失点差ながら、一気にグループ首位に浮上した。ルーマニア選手のオウンゴールで先制したなか、韓国テレビ局が不適切な字幕を出したことが波紋を呼んでいる。



初戦でニュージーランドに敗れた韓国は、序盤から球際で激しいデュエルを展開。そして、0-0で迎えた前半27分、FWイ・ドンジュンが右サイドからゴール前へクロスを上げると、スライディングでクリアを試みたルーマニアMFマリウス・マリンのボールは無情にも自軍のネットに突き刺さり、オウンゴールとなった。


その後、ルーマニアが退場者を出したこともあり、韓国が後半に3ゴールを奪って4-0で勝利したが、韓国紙「朝鮮日報」は「オウンゴールのルーマニアの選手にMBCが『ありがとう』の軽率字幕」との見出しで、“放送事故”を取り上げている。



記事によれば、試合を中継した韓国テレビ局「MBC」は前半終了後、画面右上に1-0のスコアを伝える字幕が出したが、「ありがとう、マリン」という文字も添えられていたという。


「MBC」は23日の五輪開会式の中継で、ウクライナ選手団の入場行進の際に1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の写真を示して同国を紹介。インターネット上などで批判が相次ぎ、「不適切な写真を使用した」と謝罪していた。



立て続けの不手際、なおかつ相手選手のプレーをあざ笑うかのような一件に、ファンからは「理解できないギャグ」「MBCは嘲笑ものだ」「また開会式でやらかしたヤツか?」といった声が上がっているという。


目下お騒がせ中の韓国テレビ局が、またしてもやらかした。


『MBC』と言えば、先日の東京五輪・開会式の中継でも悪質な中傷を連発して、国内外で大炎上しているテレビ局だ。開会式のハイライトである出場国・入場行進のシーンで、選手やスタッフが次々と登場するなか、同局はウクライナ選手団のところで、あろうことか画面にチェルノブイリ原発事故の写真を挿入。その後もエルサルバドル選手団にはビットコイン画像を入れ、マーシャル諸島選手団には「昔の米国の核実験場」、シリア選手団には「内戦が10年継続中」、ルーマニア選手団に対してはドラキュラ映画の画像と悪ふざけを続けた。極めつけはハイチ選手団の場面で、「大統領暗殺で政局は霧の中にある」との一文を添えたのである。



放送中から大騒動に発展し、猛烈な批判が相次いだ。同局はその番組内でアナウンサーが謝意を示し、「これからは真摯な態度で東京五輪を放送し、大会終了まで最善を尽くします」と宣言していたが……。完全な口約束だったというわけだ。


ちなみに同局は2008年の北京五輪の開会式でも同様の愚行に及んでいた。キリバス選手団に「地球温暖化で島が沈み続けている」、チャド選手団に「アフリカの死んだ心臓」、イギリス領バージン諸島の選手団には「グーグル創業者の結婚式場」などと描写し、当時も韓国の放送倫理委員会から懲戒処分を受けている。


大統領府が設置した意見箱には苦情が殺到中



舌の根も乾かぬうちに、が相応しい表現だろう。


ルーマニアの選手に対する非礼だけでなく、彼らはふたたび五輪のスポーツマンシップを冒涜したのである。全国紙『朝鮮日報』やニュースメディア『Huffingtonpost Korea』『Sportal Korea』なども取り上げて問題視し、韓国の大手コミュニティーサイトでは「恥を知れ!」「まったく理解できない」「なぜ同じ過ちを繰り返す?」「きっとまたやからすぞ」「まるで反省していないな」「厳罰を求める!」といった声が聞かれ、辛辣な意見が大勢を占めているという。


さらには大統領府の国民請願(意見箱)にも『MBC』への苦情が殺到しており、いよいよ韓国政府も具体的な処罰に乗り出すのではないかと囁かれている。

 


崖っぷちに追い込まれていたU-24韓国代表にとって、待望された今大会初ゴールだったのは確かだろう。だからといって公共の電波を使った悪ふざけで、対戦相手を揶揄するなど言語道断である。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ