Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

卓球水谷、体操橋本も被害…選手へのSNS中傷相次ぐ!共通しているのは、中国選手を破

 東京五輪で快進撃が続く日本勢だが、選手のインターネット交流サイト(SNS)アカウントには、応援や賛辞以外に、一方的に誹謗(ひぼう)中傷する内容も国内外から書き込まれている。



過去には中傷が深刻な事態を招いたケースもあり、対策は急務だ。


卓球混合ダブルス決勝で中国を破り、金メダルに輝いた水谷隼選手は28日に自身のツイッターを更新し、「とある国」から「くたばれ」「消えろ」などと書かれたダイレクトメッセージが相次いでいると告白。「俺の心には1ミリもダメージない」「それだけ世界中を熱くさせたのかと思うと嬉しいよ」と投稿した。ファンから心配の声が寄せられ、その後ツイートは削除された。



体操男子個人総合で金メダルに輝いた橋本大輝選手、サーフィン男子銀メダルの五十嵐カノア選手もターゲットとなり、インスタグラムには競技直後から攻撃的な投稿が殺到。多くは海外のアカウントからとみられ、採点への不満などを書き込んでいた。


徳間書店は、業務委託をしていた編集者による「人権侵害を伴う不適切な投稿」があったと公表。この編集者はテニスの大坂なおみ選手が敗退したことについての差別的な投稿が問題視され、ツイッター上で批判が集まっていた。



選手に対する心ない投稿は、五輪開幕前から続いている。競泳の池江璃花子選手は今年5月、出場辞退や開催反対を表明するよう求めるコメントがSNSで寄せられているとツイート。「非常に心を痛めたメッセージもありました。(そうした気持ちを)選手個人に当てるのはとても苦しい」とつづり、社会に大きな波紋を広げた。


水谷、橋本両選手に共通しているのは、中国選手を破って金メダルをとっていることです。


また、どちらも中国メディアが「採点がおかしい」(水谷選手はボールの扱い、橋本選手は跳馬の特典)と報じ、中国のSNSでトレンド入りし、日本人選手への攻撃が殺到しています。



あまりに感情的なためか、当の銀メダルの選手がSNSで沈静化を図る投稿をしたり、テレビで「相手が強かった」と発言しています。


五輪に限らず、ワールドカップなど、中国メディア・国民の勝ち負けへの関心はすさまじく(自国が出てなくても、「なぜ中国は出られないのか」と盛り上がる)、あと一歩で金という状況が、限度を超えた状況を生み出しています。


中国はメンツを気にする国だし、こうやって海外で報道されたら、当局が動きそうですけどね。



SNSによる誹謗中傷は、そのすべてが違法ではありませんが、例えば「殺す」「懲らしめる」「天誅を」などの投稿は、犯罪予告とみなされ逮捕される場合があります。また「所属チームの連絡先はココ」「電話で抗議しよう」といった投稿により、相手側の業務に支障を与えれば、業務妨害として法的な責任を問われる可能性もあります。


また多くの方が「ネットは匿名」と誤解していますが、犯罪関連はもちろん、個人でも、手続きを経てそれが認められれば、相手の身元照会は可能です。



表現の自由とは、何を言ってもよい、何を書いても許される、ではありません。「何を言っても、何を書いて自由だけど、その責任は全部あなたが背負う」。これが表現の自由です。どちらかと言えば「表現の責任」に近いでしょう。


モラルや品性は人それぞれですが、SNSは投稿者本人の「本当の姿」が丸見えになる道具だということを、皆が認識して使うべきです。



匿名であれば誰かわからない、問題ないと誹謗中傷を行う人がいますが、必ずわかります。ネットにもそれぞれに住所がありますので直ぐに判明します。


内容が名誉毀損や脅迫などに当たれば、突然逮捕されるかもしれません。その時は社会的地位や家族からの信頼も失うかもしれず、覚悟をして発言して下さい。言論の自由は法律内の事です

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ