Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国が日本の高級ブドウ苗木を盗んだ…140万円の高級ブドウ「ルビーロマン」が標的

 石川県の葡萄特産品のルビーロマンが韓国で無断販売されている問題で、どうやら中国経由で苗木が韓国に入ったのが真相のようだ。該当の韓国の業者は苗木を盗んだわけではないと言いつつ、品種競争は中国のせいと言い暗に中国が真犯人であることを匂わせた。さらには日本もやってるんだろうと急に日本批判を始めるありさまだ。



2021年7月、石川県金沢市の中央卸売市場で行われた初セリで、1房140万円という驚きの値がついたブドウがある。その名は「ルビーロマン」。


宝石を彷彿とさせる鮮やかな赤色の実はピンポン玉サイズで、糖度は18度以上と濃厚な甘さ。開発に14年もの歳月を要した超高級ブドウだ。年々更新される初セリの最高額は、開発者や生産者の努力に報いるものだろう。


そんな喜ばしいニュースからわずか2週間後、韓国メディアが驚きのニュースを報じた。



石川県でしか栽培されていないはずのルビーロマンが韓国で栽培され、販売されるというのだ。県や生産者が細心の注意を払い、管理を徹底してきたはずのブドウが、どうやって韓国に流出し、栽培されているのか。私たち取材班は、生産農家と苗木の販売業者を直撃し、その実態に迫った。


開発した石川県も初耳!販売が開始された韓国産ルビーロマン


「シャインマスカットに取って代わる…一房8万ウォンの特級ブドウ」


これは先月末、韓国の大手経済紙に掲載された記事の見出しだ。



記事ではルビーロマンを石川県産の日本最高級ブドウと紹介し、今年初めて韓国の生産者の手によって国内産品種として栽培され、8月から初めて販売が始まると伝えている。


ルビーロマンを開発し、日本で品種登録している石川県に記事について伝えると「韓国の農家とは何の契約も結んでおらず、現在は苗の持ち出しも禁止されている。韓国での品種登録はしていない」としたうえで「韓国で栽培されているという話は初耳だ」と驚きを隠せない様子だった。


そもそも、ブドウなど農産物の海外での品種登録は、国内での登録から6年以内に行うよう定められている。期間を過ぎてしまえば、海外で品種登録は出来なくなり、勝手に栽培されても使用料を受け取る事はできない。



シャインマスカットの流出が典型的だ。品種登録を期間内に海外で行わなかったため、韓国や中国で無断栽培され、第三国に輸出されている。韓国農林畜産商品部によると、2020年の韓国のブドウの輸出額は歴代最高の約3100万ドルで、全体の88.7%をシャインマスカットが占めているという。私は韓国で暮らして1年半だが、赴任当初スーパーなどでシャインマスカットが1房1万ウォン程度(約1000円)で売られているのには驚いた。味も悪くない。


日本政府は2021年4月に「種苗法」を改正し、ブランド農作物の種や苗木の海外持ち出しを禁止したことで、一応の歯止めはかかった。ルビーロマンも、法改正により持ち出しが禁じられていた品種に入っている。しかし、施行前に流出し、海外で品種登録がなされていないものについては、泣き寝入りするしかないのが現状だ。



「俺には関係ない。悪いのは中国だ!」苗木業者の呆れた主張


「世界的にみれば小さい話だ。私には関係のない話だ。」


日本が長年かけて開発した品種を無断で栽培することをどう思っているのか?質問にこう答えたのは、韓国で「ルビーロマン」の苗木を販売している業者だ。この業者は自社のHPやブログで「日本でルビーロマンを視察してきた」と写真付きでアピールし「ルビーロマンは出願されて6年以上経過した品種であり、日本から品種使用料を請求されることはありません」と無断使用のメリットを大々的に宣伝している。



直撃取材に対しても、海外で品種登録をしていないほうが悪いと繰り返し強調し、開発者の苦労に対する敬意や後ろめたさは一切見せなかった。さらにこの業者は続ける。


「日本も同じだ。 日本は(海外から品種を)持っていかないのか? 日本も中国から(品種を)すべて持って行っている」「中国市場に行ってみれば、びっくりするだろう。全世界の品種がある。日本も同じだ。中国の桃などがものすごく多い。中国のものも日本にたくさん入っている。品種戦争は中国を通じて成り立っているのだ」


自らの無断栽培を棚に上げて、「品種戦争は中国のせい」「日本もやっている」と論点をすり替える業者。さらに、ルビーロマンの苗木についてもこう語った。



「ブドウの実を見に日本に行ったのは事実だが、苗木を日本から持ってきたわけではない。すべて中国から輸入している。文句を言うなら中国に言え!」


苗木業者の話が本当なのか、現時点で確認することは出来なかった、


しかしルビーロマンを巡っては、去年中国に流出した可能性が取りざたされたことがある。中国の通販サイトを見てみると、確かに中国語でルビーを意味する「紅宝石」とされるブドウが売られているが、本物かどうかはいまだ明らかになっていない。


石川県にこの通販サイトを見て貰ったところ、ルビーロマンとして掲載されている写真は、石川県の生産者の写真であり、無断でコピーされ使用されている事がわかった。



結局、韓国で販売が始まった「ルビーロマン」や「ジュエルマスカット」を称するブドウが本物なのかを断定することは出来なかった。また本物だとしたらどういうルートで流出したのかを確定することも出来なかった。


だが、「日本の高級品種」を謳い文句にし、日本の品種と特徴が極めて似ているブドウが韓国で栽培され、販売が始まったのは事実だ。この「韓国産ルビーロマン」の栽培が韓国で広まり、第三国に輸出されれば、シャインマスカットに続く日本の損失となるだろう。


国際社会では優れた品種を巡る争いは日常的だ。韓国や中国では日本品種の無断使用が続いていて、日本の農業は打撃を受け続けている。韓国の苗木業者を取材してよくよく分かったが、相手にモラルを語っても何の意味も無い。


4月に種苗法を改正し、流出防止の手段はようやく得られたので、あとは厳格に運用し流出を止めるだけだ。日本が誇るブランド農作物の価値を守り、開発者の血の滲むような努力を無駄にしないために、より一層徹底した品種管理が求められている。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ