Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

2020東京オリンピックで韓国野球選手はガムを「くちゃくちゃ」…「見せてはならない姿」

 2020東京オリンピックで韓国KBS野球解説委員を勤めているパク・チャンホ(朴賛浩)氏が無気力な野球代表チームの姿を指摘した。パク氏は米国メジャーリーグ出身で韓国野球界のレジェンドと言われている人物。



韓国野球代表チームは7日、日本の横浜スタジアムで行われた2020東京オリンピック銅メダル決定戦でドミニカ共和国に6-10で逆転負けを許し、4位で大会を終えた。


指摘が出たのは6-10で逆転された8回表2アウト1塁のことだった。中継画面にカン・ベッコ選手がダッグアウトに身を寄りかかったまま、ガムをくちゃくちゃ噛みながらぼんやりした表情で試合を眺める姿が生中継された。



パク氏は「カン・ベッコの姿がちょっと見えたんですが、ダメです。負けてもこんな姿を見せてはいけない。ずっと前向きに挑んでいく姿勢を見せねばならない。最後まで諦めるな」と話した。まだ攻撃が2回残っている状況で、最後まであきらめない姿を望んだこと。


この状況の中、メダル獲得に失敗したが強いオリンピック精神が見られた高跳びのオ・サンヒョクの姿も再注目されている。



オ・サンヒョクは1日、東京オリンピックスタジアムで開かれた「2020東京オリンピック」陸上男子走り高跳び決勝で2m35を超え、4位を記録した。


試合当時オ・サンヒョクは持ち前の明るい笑顔で助走前に観客の拍手を受けた。彼は失敗しても「大丈夫」と叫び試合最後まで積極的な姿を見せ、これぞ「オリンピック精神」だという評価を受けた。



一方、ネットユーザーたちはカン・ベッコの姿に「国家代表という認識があるのか疑問。国の顔なのに恥ずかしい」、「試合が終わってないのに諦めたようにガムを噛んでいる姿が韓国野球の未来のようだ」などの反応を見せた。



東京五輪本大会で韓国があれこれとやらかしたが、そのすべてを一覧にした。それにしても多すぎる。東京五輪で韓国がやらかしたまとめ。



・選手村で反日横断幕を掲げる

・選手村で虎が降りてくるという垂れ幕を掲げる

・反日垂れ幕を撤去する時「IOCが旭日旗も禁止した」と嘘をつく

・メダル授与の際に渡されるのは放射能花束だと難癖つける

・選手村の食堂は福島産食材だからと言い別の給食センターで弁当作る

・サッカーでNZに負けた後握手を求められて拒否する



・野球でチャレンジ1回を使用した後なのにクレームを続ける

・野球でベンチの選手がガムをダラーンと下げる醜い様子を見せる

・ボルダリングでは形状が旭日旗に見えると難癖つける

・韓国MBCが開会式入場の各国説明で「チェルノブイリ」など不適切テロップ

・韓国MBCがオウンゴールのルーマニア選手に「ありがとう」と不適切テロップ

・韓国MBCが「望んだ色のメダルではありませんが」と不適切報道

・韓国MBCがバレー主将に取材する時「サッカーと野球は負けましたが」と不適切テロップ

・韓国MBCが棄権したケニア系韓国人選手に暴言を吐く不適切報道

・金メダル6枚、順位16位というここ30年では最低の成績で終わる

・IOCが閉会式で韓国の選手だけ映さないという制裁を加える

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ