Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

大谷翔平に差別的発言でジャック・モリス氏者炎上騒動…「働きすぎ」!大谷翔平に称賛の声30

 エンゼルス大谷翔平投手(27才)をめぐってタイガースの地元テレビ局解説者が差別的な発言をし、炎上する騒動があった。



中国人の発言にアルヨをつけるようなものでしょう。抗議する側の気持ちもわかりますが、在米日本人としては、そんなに繊細にならんでもいいかと思います。


そんな茶化すくらいのアメリカ人は可愛いもので、人種差別してくる人はもっと狡猾で嫌な感じですよ。



この日の試合中、バリースポーツ・デトロイトで解説を務めるジャック・モリス氏(66才)が、大谷の6回の打席中、実況アナウンサーから「オオタニに対してどのように投げるか」と問われ「ベリー・ベリー・ケアフル(非常に慎重に)」と返答。その言葉が、アジア人特有のアクセントをまねたものだったため、SNSではたちまち批判殺到。「困惑する発言」「モリスはしばらく謹慎になるべき」などの意見がツイッターに投稿された。


モリス氏は9回に「私の発言が誰かを攻撃したとすれば、特にアジア人コミュニティーの方々に対して、真摯(しんし)に謝罪したい」と、約30秒の時間をかけて謝罪した。現役時代に254勝を挙げ球宴に5度選出、18年に殿堂入りしているモリス氏は、2015年からタイガースの解説を務めている。



大谷を巡っては、ESPNの人気コメンテーター、スティーブン・A・スミス氏が「通訳が必要な選手がMLBの顔になるのはどうなのか」といった発言をして炎上し、謝罪する騒動もあった。


エンゼルスの大谷翔平投手が「1番・DH」でタイガース戦に先発出場し、3打数1安打、申告敬遠を含む3四球、1盗塁の活躍でチームの勝利に貢献。初回にはセンター前ヒットを放つなり今季18個目となる盗塁を成功させるなど、縦横無尽の活躍を見せた。二盗後に牽制で逆を突かれ、あわやアウトかという場面もあり、序盤にしてユニフォームは真っ黒。



やはり、この男は何から何まで規格外なのか。この日の大谷の“ショータイム”は第1打席、初球を叩いてセンター前に抜ける痛烈なヒットから始まった。出塁後は通算500本塁打にあと1本と迫った球界のレジェンドであるミゲル・カブレラに走塁用の手袋を抜き取られるイタズラのオマケつき。


2回の第2打席に四球で出塁した大谷は、今季19個目の盗塁を試みるもタイガースのキャッチャー・グライナーのストライク送球により、タッチアウトに。ベンチにチャレンジを切望する視線を送るも、ここは却下されてガッカリ肩を落とし、のちに笑顔を浮かべた。



その後の大谷は、第3打席一ゴロ、第4打席は勝ち越しのチャンスで打席を迎えるも申告敬遠。一塁に到達した大谷が、500号を目前に同じく敬遠気味に歩かされたカブレラに視線を送り苦笑いを浮かべる一幕も見られた。さらに見逃し三振、四球の3打数1安打でユニフォームを泥だらけにしてこの日の出番を終えた。


そんな大谷は明日行われる同カードで「投手・大谷」の二刀流で今季8勝目を目指すマウンドに上がる予定。先発したここ5試合では4勝で負けなし。さらに29個の三振を奪うなど、好調を維持していることもあり、自身の両リーグ最速40号はもちろん、カブレラとの直接対決にも注目が集まる。とはいえ、この日の試合を中継したABEMAのファンからは、登板予定の前日にユニフォームを泥だらけにして全力プレーを披露した大谷に対して「スターであり野球小僧」「働きすぎ」「規格外」など称賛の声が、さらに「40号&500号対決が見たい」など期待の声も寄せられていた。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ